Yuki Kaito

B.A.

日本語版はこちら

Thank you Dean Stronach, faculty, honored guests, families and friends who came here to celebrate today with us. It is my great honor to make this commencement speech on behalf of the graduates of the Temple University, Japan Campus.

Congratulations to all class of 2018. We finally did it. Like many of us, I believed in myself, but could not have imagined this moment when I took the first class at TUJ. Up until today, we spent so much time learning and chatting. As professional educators, the professors gave all of their effort to help us learn. Although, I sometimes felt they were probably possessed by “Oni” (Japanese demons), especially when they gave us tons of assignments before our precious weekends. We appreciate all the support they have given us. Because of their kind support, we now understand how to research complicated subjects, write an appropriate report on our research, and give a presentation to share our ideas. I am also proud of all of the efforts we made. It was meaningful for us because it has brought us here today. From today, technically, we have no more assignments, exams or papers, but we still have Roppongi.

As students at TUJ, we acquired knowledge and a set of skills, which are essential for our future success, but we also learned many other important things. I would say we learned what true friendship is at TUJ. In economics, people are assumed to be rational, which means, they always try to maximize their own benefits. This is one of the core ideas in economics. However, what I saw at TUJ, was totally different from this idea. We always took time to help each other. We shared so much laughter and so many tears even at 2 a.m. or 1 hour before taking the final. There was no cost-and-benefit analysis, but only respect between us. In this sense, we were not rational and I would say, "Don’t always be like an economist,"" because, I am certain, our "irrational" friendships will remain special even after graduating from TUJ.

We also learned about the world itself at TUJ. As you know, we have incredible diversity. Students now come from over 60 countries, and each student has a different background and culture. Unfortunately, we couldn’t attend the large new campus opening in 2019, but we actually had a miniature world inside of our small buildings. Tokyo provides us a high level of security, a well-developed transportation system, and clean food and water. In such a comfortable environment, we sometimes lost the harsh reality of the world. However, our classmates reminded us of the problems in the world, or even in Japan, by sharing their experiences and thoughts from diverse angles. This special experience made us unique and powerful.

The future is coming. Some of us may have already started their new jobs, and now we must walk a different path. Our time is limited, so try to do the things you want to do in your life. It will be very challenging, but we are now fully prepared for it. I believe, as graduates of TUJ, we can have a greater impact on society than we think. However, don’t concentrate too much on your job; earning money is only a part of our lives. We know life is difficult and sometimes you need a rest (like after taking five finals in a day). So don’t forget to rest and spend time with your partner, family and friends.

In closing, thank you to all the people who supported our lives at TUJ. We could have never reached today without your support. And for the class of 2018, don’t drink too much after this ceremony. Today is the day we celebrate our accomplishment, but tomorrow will be the day we start new journey, and I hope not all of us will start our journey with a terrible hangover. One day, we meet again and share our stories…or just share your journey on your Instagram.

Good luck to all.

Thank you


海渡裕貴

文学士

ストロナク学長、教授陣、ご来賓の皆様、ご家族、ご友人、今日ここに私たちのお祝いに駆けつけてくださった皆様、テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)の卒業生を代表して、今日ここでスピーチする機会をいただき、大変名誉なことと思っております。

2018年度の卒業生の皆さん、おめでとうございます。私たちはついにやり遂げましたね。多くの皆さんと同じく、私は自分自身を信じてはいましたが、TUJで最初の授業を受講した時には、この瞬間を想像することなどできませんでした。思い起こせば今日まで、私たちは学びとおしゃべりにたくさんの時間を費やしてきました。プロの教育者として教授陣は、私たちの学びを手助けすべく、全力を尽くしてくれました。しかし、とりわけ貴重な週末の前にたっぷりと課題を出されたときには、教授はきっと「鬼」に取りつかれているのだな、と感じたものです。教授方が与えて下さったすべてのサポートに感謝しています。親切なご支援を頂いたおかげで、複雑なテーマの研究方法、研究に関する適切なレポートの作成方法、アイディアを共有するためのプレゼンテーション方法がわかるようになりました。また、私たちの行ってきたすべての努力を誇りに思います。そのおかげで、今日ここに来ることができたのですから、とても意義深いものでした。理論上は、今日から課題や試験、論文はなくなり、六本木だけが残ります。

TUJの学生として、私たちは将来の成功に不可欠な知識と一連のスキルを身につけましたが、他にも重要なことを沢山学びました。私はTUJで、真の友情を学んだと言えます。経済学では人間の合理性を重要視します。つまりは、常に自分の利益を最大限にしようと考えるのです。これは、経済学における中核的な考え方の一つです。しかし、私がTUJで目にしたものはこの考え方とはまったく異なっていました。私たちはいつもお互いを助けるためは時間を惜しみませんでした。夜中の2時であろうが最終試験の1時間前であろうが、一緒にたくさん笑い、共にたくさんの涙を流してきました。そこには損得勘定はなく、お互いに対する尊敬だけがありました。その意味では、私たちは合理的ではなかったと思います。私は「経済学者のようにならないで」と言いたいと思います。なぜなら、TUJを卒業しても私たちの「合理的ではない」友情は特別なまま続いていくのですから。

私たちはまた、TUJで世界そのものについても学びました。ご存知のように、この大学にはとてつもない多様性があります。学生の出身国は現在60ヶ国以上におよび、学生はそれぞれに異なる背景と文化を持っています。2019年に完成する広く新しいキャンパスには、私たちは残念ながら通うことはできませんでしたが、現在の小さな建物内に実際、世界の縮図があったのです。東京は高い安全性、充実した交通システム、新鮮な食べ物と水を学生に提供してくれます。このような快適な環境下では、過酷な世界の現実を時には見失うこともありました。しかし、私たちのクラスメートは、自身の経験や様々な角度からの考えを分かち合うことで、世界の問題、あるいは日本国内にさえある問題を気付かせてくれました。こうした特別な経験が、私たちを、独自性を持つ力強い存在に変えてくれました。

未来が目前に迫っています。中には、すでに新しい仕事を始めている人がいると思いますが、私たちにも、別々の道を歩かなければならない時が来ました。人生の時間は限られているので、あなたがやりたいと思うことに挑戦してください。それは非常に骨の折れることではありますが、もう私たちは完全にその準備が整っているのです。TUJの卒業生として、私は私たち自身が思っているよりも社会に大きな影響を与えることができると信じています。しかし、仕事には重きを置きすぎないでください。お金を稼ぐことは人生のほんの一部にすぎません。人生とは困難を伴うものですし、時には休息が必要です(最終試験が1日に5回あった日の後のように)。だから休息を取り、パートナーや家族、友人と一緒に時間を過ごすことを忘れないでください。

最後に、TUJでの生活をサポートして下さったすべての方に感謝致します。皆さんのご支援なくして今日までたどり着くことはできませんでした。そして、2018年度の卒業生の皆さん、このセレモニーの後は飲みすぎないようにしてください。今日は私たちの達成した成果を祝う日ですが、明日は新たな旅路の始まりの日です。皆さんがひどい二日酔いで旅路を始めることがないよう祈ります。いつかまた再会して、近況報告をしましょう…もしくはInstagramで各人の旅路を共有しましょう。

みなさんに幸運を。

ありがとうございました。