Julio Delacruz

MBA

日本語版はこちら

President Englert, Dean Stronach, distinguished guests, family members, friends, and fellow graduates, good afternoon. I am honored to represent the Executive MBA Class of 2018 and humbled to give this commencement speech for the 2018 graduating classes of Temple University Japan.

Let me first start off by saying, what a truly beautiful crowd… you look amazing!

I don't know if you know, in most public speaking classes, they tell you to imagine your crowd wearing a chicken costume. In all seriousness, you all look incredible!

I’d like to share a story. The other day I was running on a treadmill. I’m hitting my strides. My breathing rhythm is great. I’m feeling like a world-class athlete! As I’m running, I glance over my shoulder for a split-second and noticed another guy also running. And I remember he just looks completely miserable. I mean, he looks like he’s about to fall off the treadmill. Feeling concerned for this guy, I looked back a few minutes later to make sure he was alright when it occurred to me I was looking at myself in the mirror!

I immediately remembered something a professor of mine said: “Happiness equals reality minus expectations (Happiness = Reality – Expectations).” Feeling a bit defeated, I laughed to myself and hesitantly continued running.

I began to question the validity of this "equation," and it became apparent that, from a personal development perspective, it just didn't make sense. I then started to think about what our expectations will be following graduation, and perhaps, actually, there is a pretty good chance reality might not always meet our expectations. I get it. That’s life, right?

When reality does not meet our expectations, there’s really only two options: (1) lower expectations - compromising our goals; or (2) change our reality. The question becomes: Should you lower your expectations? Hopefully, the answer is, "No."

Instead, focus on changing reality, and that can be achieved through effort and progress.

Talking about effort is not the most exciting of topics. Nobody wants to talk about work. And, when reality does meet our expectations, it’s only natural for us to want talk about our achievements: the game-winning goal made; the new rewarding position earned; or the successful project that was completed. But, it’s the tears, the sweat, the grind, the callused hands, the bumps and bruises endured throughout all the failures getting us to our achievements that tells a far better story. And when you find yourself short on talent, resources, intelligence, or luck, it is your grit that keeps you in the fight.

I am fortunate to have been surrounded by tremendous individuals during my time as a Marine, and I can spend hours and hours to talk about them, but I am not going to do that, instead, no less important to me is a sign so vividly etched in my memory.

In Iraq, we had this sign, spray painted block letters on plywood board, placed outside the base, so every time we left, we would be reminded, “Is today your day? Complacency Kills.” This sign, now posted as a picture on my refrigerator, continues to serve its purpose long after my deployment.

We live in a world which is changing and expanding faster than ever before. Meaning what we have learned yesterday and today, may no longer be valuable to us tomorrow. We must continue to learn, continue to challenge ourselves, continue to put ourselves in uncomfortable situations, and let history remind us there is no place for hubris and complacency.

To my cohort members: They say the journey is the reward, and I’ve always believed that. In this journey, you have been the greatest reward. I can’t express in words the impact you have had on me and how much I’ve been able to learn from you- the way you handled tough questions; made your presentations; and how well you dissected all those HBR case studies. I will most certainly miss our time in classroom discussions, but I definitely look forward to making new memories together. Regardless of what happens in the future, you will all have been the greatest thing that happened to me in this program. I sincerely appreciate you all.

To all the graduates: Be proud of the degree you have earned today, and when you look at your degree, find your reflection, and celebrate knowing that your effort, your energy, and your will didn’t betray you.

This is not the end. Continue to fight, continue to learn, and make your reality exceed your expectations and dreams.


フーリオ・デラクルーズ

経営学修士号(MBA)

イングラート総長、ストロナク学長、ご来賓の皆様、ご家族、ご友人、そして卒業生の皆さん、こんにちは。2018年度エグゼクティブMBAプログラムを代表して、本年のテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)卒業式でこの総代スピーチをお届けする機会をいただき、大変光栄です。

まずはじめに、ここにいる皆さんが本当に美しい、とお伝えしたいと思います...あなた方は素晴らしく美しい!

ここでひとつお話をしたいと思います。先日私はジムに行き、トレッドミルで走っていました。調子も上がってきて、呼吸のリズムも素晴らしい。世界レベルのアスリートみたいな気分です!走りながら、肩越しにちらっと別の男性も走っているのが見えました。その人は完全にみじめったらしい感じです。なんとういうか、もう今にもトレッドミルから落ちそうなくらいで。数分後に、この男が落ちてしまっていないか振り返ってみると、何のことはない、その男は鏡の中の自分だったのです!

私はすぐに、ある教授が言っていたことを思い出しました。「幸福は、現実から期待をマイナスしたものに等しい (幸福=現実ー期待) 」。やや敗北感に浸りながら心の中で笑い、動揺しつつもそのまま走り続けました。

私はこの「計算式」の妥当性について疑問を持ちはじめました。個人的な見解では、それには欠陥があることが明らかになりました。そこから私は、卒業後の自分たちの期待について考えるようになりました。そしてたぶん実際には、かなりの高確率で、現実が常に私たちの期待を満たすとは限らないのです。そうだ、それが人生ですよね?

現実が私たちの期待にそぐわないときは、実際には2つの選択肢しかありません。 (1) 自分の期待や目標、夢を変える。 または、 (2) 現実を変える。果たして、目標と夢に妥協するべきでしょうか?簡潔に答えるなら「ノー」です。

代わりに、現実を変えることに集中する。努力と進歩によりそれが可能になるのです。

努力というのは、最高にワクワクする話題とは言えません。そして、現実が私たちの期待に応えてくれた時は、自身の業績について語りたいと思うのは至極当然のことです。決勝ゴールをどうやって決めたか。ついに勝ち取った、やりがいのある地位。成功したばかりのプロジェクトのこと。しかし、それよりはるかに役立つのは、流した涙や汗、時間のかかる作業、傷んだ手、心や体にできたこぶやあざ…。才能や資源、知性、運がないと感じた時でも、戦い続けるのを可能にするのは努力です。

私が海兵隊にいた頃に素晴らしいメンターとリーダーに恵まれたのは幸いでした。彼らについて何時間語ってもつきることはないでしょう。しかし、それに劣らず重要なものとして、私の記憶の中に鮮烈に刻まれた標識があります。

イラクでは、この人工の標識が基地の外のよく目につく所へ設置してあったので、私たちが外へ出るたびに、「今日はいい日ですか?慢心は人をだめにします」という言葉を心に留めることになったものです。この標識は今、私の冷蔵庫に写真として貼ってあるので、私が軍を後にしてからもずっとその目的を果たし続けています。

我々は現在、かつてない速度で変化し、拡大している世の中を生きています。昨日や今日学んだことは、明日にはもはや無価値となるかもしれないという意味です。

私たちは学習し続け、自分に挑戦し続け、不快な状況に身を置き続けるようにしなければならず、傲慢さの入り込む余地はないことを歴史から学ばなければなりません。MBAで言われているのは、「革新できないものは死あるのみ!」です。

ここからは、私のMBAクラスの仲間たちへ。皆さんは旅路は見返りだと言っていたし、私もいつもそう信じてきました。この旅路では、皆さんが私への最大の見返りとなりました。皆さんが僕に与えた影響や、どれだけ多くを皆さんから学ぶことができたかを言葉で表現することは難しいです。困難な質問の扱い方、プレゼンテーションの仕方、ハーバード・ビジネス・レヴューのケーススタディをどれほど綿密にうまく分析したか。教室でディスカッションができなくなることをとても寂しく思っていますが、生涯続く友情のもとに、また笑いながら一緒に飲めることを楽しみにしています。将来何があってもこの先もずっと、このプログラムが私に与えてくれた最大の贈り物は皆さんです。本当にありがとう。

そして、すべての卒業生の皆さんへ。あなたの達成した業績にお祝いを申し上げます!今日獲得した学位を誇りに思ってください。そして卒業証書を見るときは内省し、あなたの努力とエネルギー、そして意志が自分を裏切らなかったことをかみしめて自分を祝福してください。これは終わりではありません。戦い続け、学び続け、あなたの期待や夢を上回る現実を実現してください。