教授

ジェフ・キングストン (Jeff Kingston, Ph.D.)

アジア研究学、史学

アジア研究学科 ディレクター

E-mail:
kingston@tuj.temple.edu

専門分野

キングストン教授が専門としている分野は、現代日本と現代東南アジアにおける政治経済と社会史、アジアの地方主義、対立と和解、そして法律と社会変化です。 教授の論説や書評は、International Herald Tribune, Wall Street Journal, Financial Times, Japan Times, Bankok Post などに掲載されています。また、BBC, CNN, Bloomberg, CBS, ABC, Time, Newsweek, AFP, AP, NHK, 朝日新聞, Voice of Americaなど、その他数多くのマスコミから頻繁にインタビューを受けています。

主な科目

キングストン教授は、現代日本史、現代日本、日本のアジアとの関係、対立と和解、世界史と現代東南アジアを教えています。教授は、アジア研究学科のディレクターもしています。

研究分野

キングストン教授の研究分野には、現代日本、市民社会、法律と社会変化、移住、不正取引、少数派、および東ティモールがあります。最近、現代日本における全般にわたる社会変化を調査し、著した2冊の本が出版されました。教授はいわゆる1990年代の消えた10年、主に法律の基準の移り変わり、司法改善、情報の自由と透明性、マスコミの役割、および市民社会組織の成長について再調査しています。現在は、公共講演や人口統計学的な時限爆弾に関する不安や議題などが家族、女性労働者、老人、および外国人労働者にとって何を意味するのかを研究しています。日本における公務の政治経済、植民地のハンセン病患者に対する賠償、中国のウィグル人、キルギスタンのテロリスト、および東ティモールの公平と調和についてなど、さまざまな論説を最近出版しています。

主な著書

学歴

1987
Ph.D. in history, Columbia University
1981
M.A. in international affairs, Columbia University, School of International Affairs
1979
B.S. in foreign service, Georgetown University, School of Foreign Service

所属学協会、委員歴等

The editorial advisory boards of Japan Focus and Critical Asian Studies