コンピューターサイエンス学科

専攻

最初の3年間をTUJで、残りの1年間を アメリカ本校で履修するプログラム(3+1プログラム) コンピューターサイエンス学科では、特定の分野に限らず、コンピューター サイエンスについての総合的な理解を得ることを目指します。例として、 アルゴリズム、ソフトウェア工学、コンピューターアーキテクチャ、プログラ ミング言語、人工知能等についての基礎的諸概念を学んでいきます。

副専攻

コンピューターサイエンス副専攻を修了するためには、プログラミング科 目を4つ、コンピューターサイエンス理論入門科目を1つ、そして選択科目 を1つ履修することが必須です。副専攻修了に必要な科目を全てTUJで 履修することができます。

情報工学科

副専攻のみ

情報工学副専攻を修了するためには、プログラミング、オペレーティングシ ステム、データベース技術に関する5科目を履修することが必要です。この 副専攻で培われた技術的基盤は、どのような主専攻の学習にも適用でき ます。副専攻修了に必要な科目を全てTUJで履修することができます。

コンピューターサイエンス学科アドバイザー 兼 コーディネーター

現在、コンピューターは私たちの仕事や生活に欠かせないものとなっており、私たちの暮らしはコンピューターに大きく依存しています。そのため、コンピューターを効果的に使いこなせる高い技術を持った人材に対する需要が非常に高まっています。コンピューターサイエンス学科では、必要な知識とスキルの教授を通じてこうした人材の養成を行います。

コンピューターサイエンスはコンピューターのさまざまな側面を学ぶ学問です。プログラミングは重要な要素ですが、それだけにとどまりません。アルゴリズムや情報理論などの理論的な科目に加え、ソフトウェア設計などの実践的な科目も学びます。また、ネットワーク、オペレーティングシステム、データベースなど、他にも多くの科目があります。コンピューターサイエンスは、コンピューターグラフィックスやA I(人工知能)などの分野で使用される数学に深く根ざしているため、数学と統計学においても高い能力が要求されます。 コンピューターサイエンティストが習得するスキルは、優れたソリューショニスト(問題解決者)になるためのものです。

これらのスキルとコンピューターの知識を応用することで、ソフトウェアエンジニア、データサイエンティスト、ゲーム開発者、マシンラーニング(機械学習)エンジニア、プロジェクトマネージャーなど、夢の職業への道を拓くことができます。

 

履修例

必修科目の概要

 

注目科目

最近追加された選択科目コース

 サイバースペースと社会
 Pythonによる問題解決とプログラミング入門
 プログラム設計と抽象化
 データベース管理システム
 AI(人工知能)入門
 モバイルアプリ開発入門

 

キャリア

コンピューターサイエンスを専攻した卒業生は、システムアナリスト、ソフトウェア開発者、プログラマーなどとして採用されており、業界もヘルスケア、資産運用、保険、コンピューターソフトウェア・ハードウェア開発、科学研究所から政府機関まで多岐にわたります。さまざまな規模の企業や教育機関においてコンピューターシステム/ネットワーク管理者として活躍しているほか、ITコンサルティング企業に就職したり、コンサルタントとして独立したり、自身でテクノロジー企業を立ち上げた人もいます。就職先の可能性やキャリアについての詳細は、米国本校のコンピューター・インフォメーション・サイエンス学科のウェブサイトを参照ください。

学生インタビュー

TUJで出会った刺激的なクラスメイトに囲まれて

Shunya Fukuda

  • 国際ビジネス学科主専攻、コンピューターサイエンス学科副専攻
  • 日本

卒業生の声

Keita Nakashima

中嶋 奎太

Keita Nakashima
就職先:株式会社 野村総合研究所

The Study in Colombo Sixth Form College(スリランカ)で 学んだ後、本学学部課程に編入。

コンピューターサイエンス学科は前半をTUJ、後半をアメリカ本校で学び ますが、どちらも教授たちのすばらしさが印象に残っています。みな仕事 としてではなく一個の人間として学生に向き合う意識が強く感じられました。 また、在学中にプログラミングクラブを立ち上げて作ったアプリが、最終的 に大学の公式SNSとなりました。学生が何かやろうとしたとき権限を与え て自由にやらせてくれる、そんな学生ファーストな環境も良かったです。卒 業後は母国で就職を希望しました。野村総研に決めたのはテンプル大学 で培った自分のプログラミング技術そしてチームワークの経験が生かせる と思ったからです。インターンシップの経験はなくても、授業でのグループ 作業の成果や前述のクラブ活動で仲間とともに一大プロジェクトを成し遂 げた実績が評価されました。将来は日本のITを支える人材となり、同じ志 を持つ人たちと「ITなら日本」と言われるような未来をつくりたい。日本を 盛り上げるためにグローバルな教育で学んだことを活かしていきたいです。