入学と卒業時期は年3回。
どの学期からでも始められます

入学と卒業時期は年3回。どの学期からでも始められます

3学期制、自由な単位制

  • 秋学期(8月下旬~12月)、春学期(1月~4月)、夏学期(5月~8月)の3学期制。
  • どの学期からでも入学可。一般的に夏学期は日本国内の入学者が多く、秋学期は海外からの入学者が多い。
  • 卒業に必要な単位数・各専攻学科で定める要件を満たせば、その時点で卒業。
  • 1学期に12〜18単位(4〜6科目相当)取得した場合、3〜4年で卒業。
  • 学期によっては、科目数を減らしゆっくり着実に履修することも可能。

入学後でも目指す学位の変更が可能

  • 準学士号(62単位)と学士号(通常123単位)の選択がある
  • 準学士号を目指して勉強を始めた学生が、途中で学士号に変更、またその逆も可能

*コミュニケーション学科は124単位

学士号

Bachelor's Degree

合計123〜124単位以上
(約40科目)

ジェネラル・エデュケーション科目
26〜36単位

+
専攻科目
約40〜50単位
+
選択科目
約30〜40単位

準学士号

Associate's Degree

合計62単位以上
(約20科目)

ジェネラル・エデュケーション科目
26〜36単位
+
学部課程上級科目
約15単位
+
選択科目
約10単位

専攻は基本知識を習得し、2年後に決定

専攻は基本知識を習得し、2年後に決定
  • 4年間の前半は主にジェネラル・エデュケーション科目(日本の大学で一般教養課程にあたるもの)で多岐にわたる知識を習得
  • ジェネラル・エデュケーションで様々な分野について学び、何に興味があるかを検討した後、2学年の終わりまでに専攻(メジャー / major)を選択。入学前に専攻を決める必要はない
  • 専攻の変更が容易
  • 2学科同時専攻(ダブルメジャー / double major)、または主専攻+副専攻(メジャー+マイナー / major + minor)の選択も可能

ジェネラル・エデュケーションの理念と枠組み

21世紀が進むにつれ、私たちがアクセス可能な情報量とその情報を得る速度は、驚くべき速さで拡張し続けています。ジェネラル・エデュケーションは、この現実に対応するために構築されたものです。すべてを知り得ることが不可能なこの世界で未来に備える最善の方法は、情報がどのように関連し合い、情報の断片がどのような相互関係にあるかを学ぶことです。クラスでは、学術的な知識と、それに関わる論争の結びつきを見出します。世界的テロから地球規模の気候変動やデジタルマッピング、テレビの未来など、最新の問題を多様な視点で包括的に見ていきます。

ジェネラル・エデュケーションのカリキュラムは、9つの分野で合計11コースを学びます。

基礎領域(知的遺産研究分野のみ2コース) 広範領域(科学技術分野のみ2コース)
  • 分析的リーディング/ライティング
  • 定量的リテラシー
  • 知的遺産研究:豊かな生き方を考える
  • 知的遺産研究:豊かな社会を考える
  • 芸術分野
  • 人間行動分野
  • 人種/多様性分野
  • 国際社会分野
  • 科学技術分野
  • 米国社会分野

 

アメリカの大学の授業では何が求められるのか?

アメリカの大学の授業では何が求められるのか?
  • 教授に挑戦 (challenge) しよう
  • どんどん質問をしよう
  • 自分の意見を持とう
  • 宿題は多いが、しっかり取り組むことが大切
  • 授業1時間につき、最低3時間は授業外で勉強しよう
  • 間違いは怖くない。間違いから学ぼう

思考力とコミュニケーション力を育てる

どの科目にも共通した方針として、創造性に富んだ思考力を働かせて自分の考えをまとめる「creative thinking(創造的思考力)」、論理的に考える「critical thinking(分析的思考力)」そして、その考えを他に伝えるためのコミュニケーション力を養う、アメリカンスタイルのリベラルアーツ教育を提供しています。これらの能力は、少人数(クラス平均19人)の中で、単に出席するだけでなく「参加」することによって身についていきます。

参加型授業とは?

授業でのディスカッション
授業外のグループワーク

1

2

3

4

授業の前に、リーディングやリサーチの宿題に取り組み、課題について理解を深める。 授業で講義や他の学生の意見を聞き、ディスカッションをして自分の考えを発展させる。 さらに、リサーチやグループワークを行い、考えをまとめていく。 自分の意見や考えを他者に伝える。時に1枚のレポートまたは30枚の小論文にまとめる。プレゼンやスピーチを行う場合もある。あらゆる形で効果的なコミュニケーションをとるための能力を養う。

自由な編入制度、広がる選択肢

main-campus-gate
rome

TUJでは個人の状況と希望に合わせ、下記のような編入が可能です。

  • 既に他の大学や短大(国内・国外)で取得した単位を移行し、編入する
  • TUJで取得した単位を他の大学に移行し、編入する
  • テンプル大学のアメリカ本校、ローマ校、または海外留学プログラムや提携校を通じて南米、ヨーロッパなどで、テンプル大学の単位を取得しながら学ぶ

条件付き入学(Bridge Program)

英語力が学部課程への正規入学の基準に満たない場合、条件付きで学部課程へ入学できるBridge Programを開設しています。Bridge Programは3つのレベルで構成され、学部課程の授業で必要とされる高度なアカデミック・スキルと英語力を養うと同時に、学部課程科目を履修し、単位を取得します。取得単位は、卒業単位として加算されます。

 

在学生の声

bridge-morita

森田 菜々子

聖心女子学院高等科卒業。高校在学中にTUJのTOEFL講座とカレッジ・イングリッシュ講座*に通いBridge Programを経て学部課程に正規入学

 

*カレッジ・イングリッシュ講座:現役高校生を対象とした英語のアカデミック・スキルを高めることを目的とした講座

高2の秋からTUJの開講する講座に英語力を高める目的で通い始め、受講を終える頃にTUJへの進学を決心しました。小学校からエスカレーター式の学校に通い、慣れ親しんだ温かい環境から離れることに不安があったのですが、少人数で教員との距離も近く、自然と誰とでも仲良くなれるTUJのコンパクトさが、高校までの環境に似ていて気に入りました。

勉強が大変ということを知りながら敢えてTUJに入学を決めた理由は、何よりも自分に甘い自分自身を律するためです。Bridge Programは、私のように海外で教育を受けた経験のない方にはおすすめです。英語力を上げ、米国スタイルの授業や勉強の進め方に慣れることはもちろん、特にライティング力を身につけることができました。また、フルタイムで授業に臨む正規入学に向けて態勢を整える準備期間になり、メンタル面でも余裕を持つことができた点がとても良かったです。

TUJには多様な学生が国内外から集まり、文化の違いに驚く日々を送っています。まだ専攻を決めていませんが、TUJだったら卒業までに何かを得られるような期待感があります。