充実のプログラムで経済アナリストなどのビジネスキャリアを目指します。

経済学は学際的かつ総合的に、すべての社会科学における基礎的な分析手法を提供するもので、政治学や地理学、都市学、史学、法律学に深みや複雑性を与えます。授業では経済発展、富の創造、経済政策の基礎、財政理論と原理などを学びます。またシニア・セミナーでは、アジアと世界経済における日本に焦点をあてます。

 

経済学科アドバイザー 兼 コーディネーター

履修例

 

在学生へのインタビュー

卒業生の声

Yuusei Saito

齋藤 優成

Yuusei Saito
インターンシップ:タリスマン株式会社、Navagis Inc.
就職先:ソフトバンク株式会社

駒澤大学高等学校(東京都)卒業後、本学Bridge  Programを経て本学学部課程に入学。

高校時代、スポーツビジネス界を目指して本場アメリカへの進学を志したものの、英語力や経済的負担の問題から悩んでいたときTUJに出会いました。夢の実現に向けて本当は米国本校でスポーツ・レクリエーションマネジメントを専攻したかったのですが、コロナ禍で渡米が不可能になり、やむなく経済学を選択。最初は不本意でしたが今は後悔していません。多様な経済問題を多様なクラスメイトと議論することで自分の視野の狭さに気づき、物事を多角的に観られるようになったからです。また、必修科目が相対的に少ないため選択科目で他学科の授業を受けたり、複数のインターンシップを経験する余裕もありました。就職先のソフトバンクは、大企業でありながら社員のチャレンジ精神を歓迎する雰囲気が自分とマッチしました。留学断念は悔しい思い出ですが、「そのおかげでこの会社と縁ができ、今の自分がある」と言えるように努力していきたいです。こんな前向きな思考ができるようになったこと自体、TUJで得た大きな学びのひとつです。

Satoshi Fujii

藤井 識至

Satoshi Fujii
就職先:メットライフ生命保険株式会社

城北埼玉高等学校(埼玉県)卒業後、本学Academic  English  Program, Bridge Programを経て学部課程に入学。

TUJでは語学力の向上が叶うのはもちろん、多種多様な人々と接することにより新たな価値観や考え方を得る機会が多いため国際的な仕事を望む人にはお勧めです。私の友人の多くは志が高く真面目な学生だったので勉強に対する高いモチベーションを維持することができました。国際関係学科と経済学科の間で主専攻を迷いましたが、両学科の基礎コースを実際に受けた後、将来金融関係の会社に勤めたいという目標に向けて主専攻に経済学科、副専攻に政治学科を選びました。平均3回ほどのテストを課すクラスが多く、また内容も難しく毎授業ミニテストを実施するハードなクラスもありました。そのため膨大な量の課題を時間内に処理し成果を上げるためのタイムマネジメントスキルが培われ、現在のメットライフ生命での仕事にも役立っています。アメリカ本校留学中に開催されたキャリアフォーラムで内定を預けたこの会社でTUJで学んだ粘り強さと継続することの大切さを忘れずにステップアップしていきたいです。