Bridge Program (条件付き入学)について

最終更新: 2019年1月

英語力が学部課程への正規入学の基準に満たない学生を対象に、条件付きで学部課程へ入学できる「Bridge Program」を提供しています。Bridge Programは学部課程の一部であり、3つのレベルで構成されています。学部課程の授業で必要とされる高度なアカデミック・スキルと英語力を養うと同時に、実際の学部課程の1~3科目(1~5単位)を履修することができます。修了後の審査で学部課程への正規入学が認められると、新たにTOEFLスコアやIELTSを取り直す必要はありません。

出願資格

  1. 学部課程の出願資格A、Bの両方に該当する者
  2. TOEFL iBT 53点以上~79点未満、PBT 475点以上~550点未満、IELTS 5.0または5.5、PTE 40以上〜53未満の者
  3. TOEFLまたはIELTSのスコアが学部課程の出願資格に達しているが、学部課程に正規入学する前にアカデミック・スキル向上のためのサポートを必要とする者

特徴

  1. 英語力が学部課程への正規入学の基準に満たない場合でも、上記出願資格を満たしていれば、条件付きで学部課程に入学が可能
  2. アカデミック・スキルを養うコースを受講しながら学部課程の1〜3科目を履修(必修)
  3. 大学卒業単位として認められる学部課程1〜5単位を取得
  4. Bridge 3修了後はTOEFL / IELTS / PTE免除で学部課程に正規入学
  5. 正規学生と同様に学内施設の利用、校内イベントやクラブ活動への参加が可能

出願方法

学部課程への出願の場合と同じです。入学願書にBridge Programに出願することを明記する必要はありません。

履修するBridge Program のレベル(1、2または3)を学生自身で選択することはできません。レベルの目安については下記をご覧ください。

留学ビザが必要な方

留学ビザが必要な方は、手続き方法が異なります。留学ビザについての詳細は、以下のページをご参照ください。

留学ビザを申請する方は、必ず以下のページの注意事項を守ってください。

Bridge Programのレベル

Bridge Program には3つのレベルがあり、各レベルを1学期の期間で学びます。スタートするレベルは、出願時に提出したテスト(TOEFL、IELTS、またはPTE)スコアと、入学後に実施するBridge Programのプレイスメントテストの結果の総合評価で正式に決定します。プレイスメントテストの結果によっては、目安とされるTOEFL 、IELTS、またはPTEのスコアとは異なるレベルからスタートする場合もあります。あらかじめご了承ください。

Bridge Program プレイスメントテストについて

プレイスメントテストは、各学期に1回のみ実施され、学期が始まる直前にキャンパスで受験します。このテストは約2時間で行われ、リーディング力、ライティング力、リスニング力、スピーキング力、およびクリティカルシンキング力が評価されます。テスト結果は1学期間のみ有効です。事前にテストの準備をする必要はありませんが、日頃から英文に対する理解力や分析力を高めること、創造的・分析的に議論できる力を高めることなどがテスト対策となり、結果としてアメリカの大学で勉強するための力を身につけることに繋がります。

Bridge 1

出願時のテストスコアの目安

TOEFL iBT 53点以上~61点未満、TOEFL PBT 475点以上~500未満、IELTS 5.0、PTE 40以上〜44未満

履修科目(週20時間)

  • BR 0100: アカデミック・スキル 1-A: Fluency (Discussion)
  • BR 0101: アカデミック・スキル1-B: Accuracy (Grammar)
  • BR 0408: アカデミック・ライティング 入門
  • BR 0500: 一般教養科目 入門
  • TUJ 1001: Bridge Program I Seminar I (1単位)

Bridge 1を修了し、上級レベルに進むためには、以下のすべての条件を満たす必要があります。

  1. 全ての履修科目において、最低C-(Cマイナス)評価以上の成績を修めること
  2. 全体のライティング・ポートフォリオをパスすること

注記:

  1. 履修科目の内、一つの科目でも成績がC-(Cマイナス)未満であった場合、またはライティング・ポートフォリオをパスできなかった場合は、次の学期に再度すべてのBridge 1のコースを履修しなければなりません。
  2. 優秀な成績を修め、かつライティング・ポートフォリオの評価が優れている学生にのみ、Level Advanced Test(LAT)を受験する機会が与えられます。LATの結果により、Bridge 2を飛び級し、Bridge 3に入ることが認められる場合があります。ただし、Bridge3を飛び級することはできません。

Bridge 2

出願時のテストスコアの目安

TOEFL iBT 61点以上~71点未満、TOEFL PBT 500点以上~525未満、IELTS 5.5、PTE 45以上〜49未満

履修科目(週20時間)

  • BR 0200: アカデミック・スキル 2-A: Fluency (Discussion)
  • BR 0201: アカデミック・スキル 2-B: Accuracy (Grammar)
  • BR 0509: アカデミック・ライティング 基礎
  • BR 0700: 一般教養科目 基礎
  • TUJ 1002: Bridge Program II Seminar II (1単位)

Bridge 2を修了し、Bridge 3に進むためには、以下のすべての条件を満たす必要があります。

  1. 全ての履修科目において、最低C-(Cマイナス)評価以上の成績を修めること
  2. 全体のライティング・ポートフォリオをパスすること

注記: 履修する科目の内、一つの科目でも成績がC-(Cマイナス)未満であった場合、またはライティング・ポートフォリオをパスできなかった場合は、次の学期に再度全てのBridge 2のコースを履修しなければなりません。なお、収めた成績にかかわらず、Bridge3を飛び級することはできません。

Bridge 3

出願時のテストスコアの目安

TOEFL iBT 71点以上~79点未満、TOEFL PBT 525点以上~550未満、IELTS 5.5、PTE 50以上〜53未満

履修科目(週16時間)

  • BR 0400: チュートリアル
  • BR 0600: アカデミック・ライティング
  • BR 0610: アカデミック・ライティング 応用
  • BR 0800: 一般教養科目 応用
  • 学部課程: 一般教養科目 (3単位)

Bridge 3を修了し、学部課程の正規学生となるためには、以下のすべての条件を満たす必要があります。

  1. 全ての履修科目において、最低C-(Cマイナス)評価以上の成績を修め、かつチュートリアルをパスすること
  2. ライティング・ポートフォリオをパスすること
  3. Bridge Program修了後、正規課程への入学金(205,700円)を支払うこと

注記: 履修する科目の内、一つの科目でも成績がC-(Cマイナス)未満であった場合、またはチュートリアルとライティング・ポートフォリオをパスできなかった場合は、次の学期に再度全てのBridge 3のコースを履修しなければなりません。

Bridge Programの学生が正規学生になるためには

Bridge Programに入学した学生が正規学生になるには、必ずBridge3を修了しなければなりません。Bridge3を修了せずに退学した場合、新たに正規入学の基準以上のTOEFL / IELTS / PTEスコアを取得・提出して学部課程に再出願することはできません。

授業料とその他の費用

費用 金額
Bridge Program 入学金 221,100円(各レベル共通)
学生活動費 1,550円(各レベル共通、毎学期)
施設費 27,000円(各レベル共通、毎学期)

日本国籍以外で留学ビザ取得を必要とする学生のみに該当する費用

費用 金額
ビザ取得手続き料 20,600円
寮費(※) 420,000円
(夏学期のみ340,000円)

注記: TUJを通して留学ビザを取得した学生は、はじめの1学期間はTUJ指定の寮に滞在する必要があります。すでに日本に在住する学生、既婚の学生、家族と滞在予定の学生、その他特別な状況がある場合は、この条件の免除申請が可能です。

授業料と履修単位

科目 単位 時間(週) 授業料
Bridge 1 1 20 524,200円
Bridge 2 2 18 545,750円
Bridge 3 3 16 567,300円

Bridge Program(Bridge 3)修了後、学部課程への正規入学が認められた際に、学部課程正規入学金205,700円をお支払いいただきます。

授業料・諸費用は予告なく変更される場合があります。金額はすべて消費税込みとなります。また、銀行の振込手数料は含まれていません。振込手数料はすべて振込人の負担となります。

詳しくはアドミッション・カウンセリングまでお問い合わせください。