Bridge Program (条件付き入学)について

最終更新: 2017年11月

英語力が学部課程への正規入学の基準に満たない学生を対象に、条件付きで学部課程へ入学できる「Bridge Program」を提供しています。Bridge Programは3つのレベルで構成され、学部課程の授業で必要とされる高度なアカデミック・スキルと英語力を養うと同時に、実際の学部課程の1~3科目(1~5単位)を履修することができるプログラムです。修了後の審査で学部課程への正規入学が認められると、新たにTOEFLスコアやIELTSを取り直す必要はありません。

出願資格

  1. 学部課程の出願資格A、Bの両方に該当する者
  2. TOEFL iBT 53点以上~79点未満、PBT 475点以上~550点未満、IELTS 5.0または5.5の者
  3. TOEFLまたはIELTSのスコアが学部課程の出願資格に達しているが、学部課程に正規入学する前にアカデミック・スキル向上のためのサポートを必要とする者

特徴

  1. 英語力が学部課程への正規入学の基準に満たない場合でも、上記出願資格を満たしていれば、条件付きで学部課程に入学できる
  2. アカデミック・スキルを養うコースを受講しながら学部課程の1〜3科目を履修
  3. 大学卒業単位として認められる学部課程1〜5単位を取得
  4. 終了後はTOEFL / IELTS免除で学部課程に進むことが可能

出願方法

学部課程への出願の場合と同じです。入学願書にBridge Programに出願することを明記する必要はありません。

履修するBridge Program のレベル(1、2または3)を学生自身で選択することはできません。レベルの目安については下記をご覧ください。

留学ビザが必要な方

留学ビザが必要な方は、手続き方法が異なります。留学ビザについての詳細は、以下のページをご参照ください。

留学ビザを申請する方は、必ず以下のページの注意事項を守ってください。

Bridge Programのレベル

Bridge Program には3つのレベルがあります。レベルは、出願時に提出したテスト(TOEFLまたは IELTS)スコアと、入学後に実施するBridge ProgramのPlacement Testの結果の総合評価で正式に決定します。結果によっては、目安とされるTOEFL やIELTSのスコアとは異なるレベルからスタートする場合もあります。あらかじめご了承ください。

Bridge 1

出願時のテストスコアの目安

TOEFL iBT 53点以上~61点未満、TOEFL PBT 475点以上~500未満、IELTS 5.0

履修科目(週20時間)

  • 学部課程(一般教養)科目 (1単位)
  • 一般教養科目のストラテジークラス 入門
  • アカデミック・ライティング 入門
  • アカデミック・スキル 1-A(リーディングをベースとしたディスカッション)
  • アカデミック・スキル 1-B(大学レベルのエッセイやプレゼンテーションに必要な文法とボキャブラリー)

Bridge 1を修了し、上級レベルに進むためには、以下のすべての条件を満たす必要があります。

  1. 学部課程科目において、最低C-(Cマイナス)評価以上の成績を修めること
  2. アカデミック・スキルの全クラスで、最低C-(Cマイナス)評価以上の成績を修めること
  3. 学期末に提出するライティングポートフォリオをパスすること

注記:

  1. 履修する学部課程科目の成績がC-(Cマイナス)未満、アカデミック・スキルクラスの成績のいずれかがC-(Cマイナス)未満、またはライティングポートフォリオをパスできなかった場合、次の学期に再度すべてのBridge 1のコースを履修する必要があります。
  2. ライティングポートフォリオの評価により、Bridge 2を飛び級し、Bridge 3を推薦される場合もあります。

Bridge 2

出願時のテストスコアの目安

TOEFL iBT 61点以上~71点未満、TOEFL PBT 500点以上~525未満、IELTS 5.5

履修科目(週20時間)

  • 学部課程(一般教養)科目 (1単位)
  • 一般教養科目のストラテジークラス 基礎
  • アカデミック・ライティング 基礎
  • アカデミック・スキル 2-A(リーディングをベースとしたディスカッション)
  • アカデミック・スキル 2-B(大学レベルのエッセイやプレゼンテーションに必要な文法とボキャブラリー)

Bridge 2を修了し、Bridge 3に進むためには、以下のすべての条件を満たす必要があります。

  1. 学部課程科目において、最低C-(Cマイナス)評価以上の成績を修めること
  2. アカデミック・スキルの全クラスで、最低C-(Cマイナス)評価以上の成績を修めること
  3. 学期末に提出するライティングポートフォリオをパスすること

注記: 履修する学部課程科目の成績がC-(Cマイナス)未満、アカデミック・スキルクラスの成績のいずれかがC-(Cマイナス)未満、またはライティングポートフォリオをパスできなかった場合、次の学期に再度全てのBridge 2のコースを履修する必要があります。

Bridge 3

出願時のテストスコアの目安

TOEFL iBT 71点以上~79点未満、TOEFL PBT 525点以上~550未満、IELTS 5.5

履修科目(週16時間)

  • 学部課程(一般教養)科目 (3単位)
  • 一般教養科目のストラテジークラス 応用
  • アカデミック・ライティング
  • アカデミック・ライティング 応用
  • チュートリアル(少人数形式)

Bridge 3を修了し、学部課程の正規学生となるためには、以下のすべての条件を満たす必要があります。

  1. 学部課程(一般教養)科目において、最低C-(Cマイナス)評価以上の成績を修めること
  2. 学部課程(一般教養)科目のストラテジークラスで、最低C-(Cマイナス)評価以上の成績を修めること
  3. アカデミックライティングクラスと、そのストラテジークラスで、最低C-(Cマイナス)評価以上の成績を修めること
  4. チュートリアルをパスすること
  5. Bridge Program修了後、正規課程への入学金を支払うこと

注記: 履修する学部課程(一般教養)科目の成績がC-(Cマイナス)未満、アカデミックライティングクラス、ライティングストラテジー・クラスのいずれかの成績がC-(Cマイナス)未満、またはチュートリアルとライティングポートフォリオをパスできなかった場合、次の学期に再度全てのBridge 3のコースを履修する必要があります。

授業料とその他の費用

費用 金額
Bridge Program 入学金 221,100円(各レベル共通)
学生活動費 1,550円(各レベル共通、毎学期)
施設費 27,000円(各レベル共通、毎学期)

日本国籍以外で留学ビザ取得を必要とする学生のみに該当する費用

費用 金額
ビザ取得手続き料 20,600円
寮費(※) 420,000円
(夏学期のみ340,000円)

注記: TUJを通して留学ビザを取得した学生は、はじめの1学期間、TUJ指定の寮に滞在する必要があります。すでに日本に在住する学生、既婚の学生、家族と滞在予定の学生、その他特別な状況がある場合などは、この条件の免除申請が可能です。

Bridge 1の授業料

科目 単位 時間(週) 授業料
学部課程(一般教養) 1 1 65,050円
アカデミック・スキルクラス I - 19 458,500円
合計 20 523,550円

Bridge 2の授業料

科目 単位 時間(週) 授業料
学部課程(一般教養) 1 1 65,050円
アカデミック・スキルクラス II - 19 458,500円
合計 20 523,550円

Bridge 3の授業料

科目 単位 時間(週) 授業料
学部課程(一般教養) 3 3 195,150円
アカデミック・スキルクラス III - 13 370,200円
合計 16 565,350円

Bridge Program修了後、学部課程への正規入学が認められた際に、学部課程正規入学金205,700円をお支払いいただきます。

授業料・諸費用は予告なく変更される場合があります。金額はすべて消費税込みとなります。また、銀行の振込手数料は含まれていません。振込手数料はすべて振込人の負担となります。

詳しくはアドミッション・カウンセリングまでお問い合わせください。