学長室だより

学長就任50日

2020年11月10日

およそ50日前、私はジャパンキャンパス学長としてテンプル大学へ帰ってきました。最初にTUJへ惹かれたのは、ロースクールの学生時代のことです。その後にキャンパスリーダー、そして法学教授としてもここで過ごしました。こうして再び、生徒、スタッフ、教師陣、卒業生、そしてテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)のその他関係者のお役に立てることを光栄に思います。温かい歓迎と、多くの方々からのご支援とご理解に感謝しています。テンプルへと戻って以来多くの事柄に勇気をもらっているのですが、そのうちの5つをここで紹介させていただきます。

並外れて優秀でグローバルな学生たち

最も重要な点として、TUJの学生たちのグローバルな視点、才能、楽観、積極性、そして意欲に、私は刺激を受けています。ここには、学生の4割が日本から、4割がアメリカから、そして2割がその他世界中の国々からという環境があります。そんな中での学位取得は刺激的で、困難ながらも有意義な体験となります。

私が個人的に力を注ぎ、優先事項としているのは、学生たちを高みに導き、大学生活の充実を支援することです。今日まで、TUJの学生たちが様々な行事を計画し、教育活動に携わる様子に大いに感銘を受けてきました。アカデミックな進路、キャリア、新しいアイディアに関する学生たちとの個別相談は、心強いものです。バスケットボールクラブからの招待で定期的に参加しているクラブ練習では、ジムで数時間を過ごした後に世界中から集まった20人近くのTUJ生徒たちと盛り上がり、エネルギーをもらっています。

ウィルソン学長とTUJ バスケットボールクラブ

ウィルソン学長とTUJ バスケットボールクラブ

ウィルソン学長とチームキャプテンのトシマサ・ハトリ

ウィルソン学長とチームキャプテンのトシマサ・ハトリ

Temple Made, Temple Proud

「Temple Made, Temple Proud(テンプル育ち、テンプルを誇ろう)」とは、現在の状況に特にふさわしいフレーズでしょう。新型コロナウィルスの世界的流行が続く中、TUJ教師陣、スタッフ、そして学生たちの回復力と忍耐、一途な決意には、目を見張るものがあります。今学期、学生たちが対面授業と混合授業の組み合わせに参加する中で、発展や革新的な取り組みが生まれています。来学期には、さらに多くの対面授業とアクティビティを実施できることに期待しています。

グローバルな評価

テンプル大学の評判と名声は、世界的に高まり続けています。例えば、 Times Higher Educationは2021年の世界ランキングで、上位350校中にテンプルを格付けしました。日本で学位取得プログラムを持つ大学のうち、より上位に格付けされたのはたった4校です。その他の機関も、テンプル大学を同様に高く評価しています。テンプルが特に秀でているのは、国際化、学生による取り組み、学生支援、教員研究などの分野です。

他に例をみない多くの機会

TUJは、機会、取り組み、そして発見に引き続き力を入れていきます。我が校はフルサービスのグローバルキャンパスとして、38,000人の学生を抱える名声ある大学です。本校の権威とリソースを駆使して、各分野の専門家による英語での優れた教育を提供しています。完全に日本にいながら手の届く金額で、アメリカの主要な州関連研究大学から学士号(異なる10分野)と大学院学位(TESOL、法務、ビジネス)を取得できるというのは驚くべきことです。さらに広く見れば、TUJは大学生を対象とした「degree-start」の選択肢や、英語での大学進学を希望する学生に向けたアカデミック・イングリッシュ・プログラムを通しての大学進学準備課程も用意しています。また、成人学習者を対象とした広範囲の生涯教育プログラムや、目標とする専門能力開発のための企業教育プログラムも提供しています。

コラボレーションとパートナーシップ

最後になりましたが、出資者、卒業生、議員、業界リーダー、大学、高校、地域メンバーやその他の皆さんと、ご挨拶させていただいています。その中で私がはっきりと感じているのは、TUJへの好意、敬意、そして理解のお気持ちです。TUJは引き続き、グローバルな学びとコラボレーションの観点で新たな架け橋を築き、道を切り開いていきます。昭和女子大学と当校の緊密な提携関係、そして渋谷からわずか2駅の三軒茶屋に構えた新しいキャンパスは、密接な協力からなし得る数多い事柄のほんの一例です。既存の関係強化はもちろんのこと、日本、アジア、そして世界各地のパートナーの皆様と、新しい関係を築いていけることを楽しみにしています。

TUJを未だよくご存じでない方、より詳しい情報にご興味のある方には、ぜひ詳細をご覧いただきたく思います。TUJでの教育体験と国際的機会は、本当に素晴らしいものです。

心を込めて

学長
マット・ウィルソン