大学生・社会人向けの夜間集中講座です。
スムーズに大学院の授業についていくための
英語力を身につけます。

2022年夏学期

日程2022年5月12日(木)~7月19日(火)(全20回)

申込締切2022年5月5日(木)
※定員になり次第、お申し込みを締め切ります。
※締切日以降でも空席状況によりお申し込みを受け付けます。
※受付時間外のお申し込み、お問い合わせは翌営業日に対応いたします。
※本講座は、日程および授業形態が予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。

受講申込

本講座のレベルやその他ご不明な点、ご不安な点がある方を対象に個別相談(日本語・英語)を随時受け付けています。ご希望の方はAEP(esl@tuj.temple.edu)までご連絡下さい。

費用:73,000円 (税込)
※受講料とキャンパス内の図書館とコンピュータルーム、およびTUJのオンラインサービスの使用料を含む
※別途、教材費がかかる場合がございます。

対象
英語圏またはTUJの大学院へ入学が決まっている社会人、大学4年生の方
留学先は決まっていないが、英語圏またはTUJの大学院への進学希望者でTOEFL iBT 80点、IELTS6.0以上をお持ちの方(TOEFL ITPのスコアをお持ちの方はお問い合わせください)。
※TUJの大学院はエグゼクティブMBA、TESOL修士・応用言語学博士、ロースクールです。

※受講には下記書類の提出が必要です。
大学院入学が決まっている方は、入学を証明する物(合格通知など)。
大学院入学が決まっていない方は、英語テストスコアの証明書。

曜日・時間:火・木 19:30-21:00 (全20回、30時間)

授業形態
ハイブリッド: [週に1日は対面、1日はオンライン]

テンプル大学ジャパンキャンパス(アクセス:東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩7分)

重要: ビデオなどの欠席フォローはありませんのでご了承ください。

コース詳細

大学院の授業で必要なアカデミック・スキルを養う

この講座は、英語圏の大学院またはテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)の大学院への入学が決まっている方が、大学院の授業に模したクラスを体験し、英語圏の大学院で求められる論理的思考力、分析力、語学力、課題の進め方や日々の授業の受け方などのアカデミック・スキルを習得できるようデザインされています。

英語圏の大学院の授業では、ネイティブと同等のアカデミック・イングリッシュとアカデミック・スキルが要求されます。実際の授業ではTOEFLなどの英語検定テストに特化した勉強では身につきにくいスキルが求められます。英語検定テストの点数が入学条件を満たしていても、アカデミック・イングリッシュやスキルが身についていないと、入学後の学習進度や成績にマイナスの影響をおよぼします。テスト向けの勉強とアカデミック・イングリッシュやスキルの違いを十分に理解し、授業で求められるスキルを身につけてから留学に臨むのが理想です。

テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)は、米国の州立大学であるテンプル大学の日本校であり大学院課程も提供しています。また、TUJのアカデミック・イングリッシュ・プログラムでは長年に渡り英語圏の大学を目指す学生の勉強をサポートしています。そんなTUJだからこそ、TOEFLの勉強が中心となりがちな入学が決まるまでの英語の準備だけでなく、決まってからの準備がとても大切だと考えています。 この講座では、実践的な授業を通して英語検定テスト向けの勉強では身につきにくいアカデミック・イングリッシュの向上を目指します。新聞や小説とは異なる学術論文などのアカデミック・リーディングの読み進め方、小論文(エッセイ)やリサーチペーパーなど数ページに渡るアカデミック・ライティングの書き方も習得します。

アカデミック・イングリッシュに重点を置いた内容

授業は英語で行われ、大学院の授業で必要とされる高い英語力はもちろん、批判的思考法・分析力・時間管理などのアカデミック・スキルを養うことで、スムーズに授業についていけるレベルを目指します。

さらに当講座では、エッセイのフォーマッティング(MLAやAPAなど)や書き方、リサーチや引用の仕方、リーディング・コンプリヘンション (英文読解力)の養成、グループディスカッションやプレゼンテーションの方法などを学びます。

  • MLA = Modern Language Association 米国現代語文学協会
  • APA = American Psychological Association アメリカ心理学会

個別指導

講座期間中に授業時間外での個別指導を1~2回行います。受講生は、授業前もしくは後の10~15分程度の時間で、授業内容、学習方法、教材などについての個別指導を受けます。

コースの流れ

全20回のコースは、アカデミック・スキルの基礎を身につける「前期」(第1回〜10回)と、身につけたスキルをより実践的に運用する「後期」(第11回〜20回)とに分けられます。具体的には、以下の違いがあります。

「前期」学術的な文章を読むとき・書くときの構成や全体像の把握に重点を置く。

「後期」より専門的な議論展開や引用が求められる。プレゼンテーションも行う。

「後期」の授業は、「前期」で学んだことをより発展させることで、アカデミック・スキルの定着と進歩を促すようにデザインされています。そのため、「前期」と「後期」の担当講師は密なコミュニケーションを取り、互いの進捗状況を常に報告しあっています。

授業内容

各コースは、90分×全20回のユニットで構成されています。ここでは、前半10回の授業内容(例)を紹介いたします。

クラス トピック 内容 課題
1 授業の紹介 アウトライン リーディング課題#1、ライティング課題#1
2 議論的なエッセイ 文脈、アウトライン、ブレインストーミング、フリーライティング リーディング課題#2、ライティング課題#2
3 議論的なエッセイ 議論の展開(まとめて紹介する vs. ポイントごとに紹介する) ライティング課題#3
4 議論的なエッセイ 反論への対応、ブレインストーミングの復習 リーディング課題#3、エッセイ#1 初稿
5 リサーチ リサーチの手順、クラスメート同士の相互批評 リーディング課題#4
6 エッセイの構成 本論の段落、結論の段落、リサーチの手順 リーディング課題#5、エッセイ#1 第2稿
7 エッセイ#1 クラスメート同士の相互批評 エッセイ#1 第3稿
8 ディスカッション クラスメート同士の相互批評 ブレインストーミングのレポート、議論的なエッセイの例示
9 ディスカッション フリーライティング、ディスカッション フリーライティング
10 エッセイ 議論と主題の選択、リサーチの手順、手引 リサーチの例示

 

講師からのメッセージ

大学院で高度な学びをお考えであるのなら、ぜひ私どもの大学院留学「直前」準備講座をご検討ください。集中講座を通して、大学院で成功するために欠かせないアカデミック・スキルを学びます。個々の学習に加え、多くの大学院の授業のように、クラスメートとチームワークの精神を育みます。ぜひ、クラスでお会いしましょう!

大学院留学「直前」準備講座 担当講師

参加者の声

  • 大学院で必要とされるアカデミック・ライティングや、リサーチペーパーで使用されるアカデミックな単語を勉強することができました。
  • 同じ夢を持つクラスメイトと出会い、つながりを持つことができました。
  • リサーチペーパーの書き方、ディスカッションやプレゼンテーションの方法を学ぶことができました。仕事でのプレゼンテーションに役立ちました。

開講スケジュール

5月 12, 17, 19, 24, 26, 31
6月  2, 7, 9, 14, 16, 21, 23, 28, 30
7月 5, 7, 12, 14, 19

 

受講までの流れ

受講開始までの手順は以下の通りです。

今後の開講予定

2023年夏学期

お申し込み方法

受講お申し込みフォーム、下記お問い合わせ用フリーダイヤル、または、学内窓口でお申し込みください。講座の詳細やお申し込みについてのご質問もお気軽にお問い合わせください。

※締切後でも空席状況により申し込みを受け付けできる場合があります。受講ご希望の方はお申し込みフォームをお送りください。担当の者より追ってご連絡します。

注記: お申し込み人数が定員に満たない場合、開講できないことがありますのでご了承ください。

同時申込割引「TOEFL 対策講座」
TUJまたは海外の大学、大学院課程などへの入学を目指す方を対象としたTOEFL対策講座も開講しています。この講座と併せてお申し込みいただくと受講料が合計で17,500円の割引になります。 自分のレベルに合った講座を一つ組み合わせることができます。TOEFL対策講座の詳しい内容と日程は各ページをご参照ください。

お問い合わせ

この講座に関するご質問・お問い合わせは、下記の連絡先までお願いいたします。個別相談は随時受け付けており ますので、お気軽にご連絡ください。

テンプル大学ジャパンキャンパス アドミッション・カウンセリング

〒154-0004 東京都世田谷区太子堂1-14-29 (アクセス)

Email:esl@tuj.temple.edu
Tel:03-5441-9863 (直通) 0120-86-1026 (フリーダイヤル)
Fax:03-3452-3084
受付時間:平日: 9:00~17:30 (日本時間) ※土日祝休み

More In This Section