アートとデジタル写真 (DPH102)

曜日/時間:
木曜日 19:10-21:30
開始日:
1月25日
時間数:
30
講師:
Shinya Watanabe
受講条件:
基本的なコンピュータ操作が必要です。
場所:
東京 (交通アクセス
受講料:
67,900円
早割受講料 ? :
57,715円
FTUJ受講料 ? :
61,110円

このコースに申し込む

コース詳細

すでに写真を撮ることを楽しんでいる方が、さらに知識や技術の向上を目指すコースです。授業では、主に基礎知識・技術について学び、デジタルカメラを使った撮影方法、作品をインクジェットプリンターで出力する方法、モチーフと構図の捉え方、簡単な写真の歴史についての知識、芸術と写真の関係、作品の発表方法などを考察します。さらに、技術的なトピックとして、RAWファイルを使った記録方法も取り上げます。

注記:

受講者は、RAWファイル記録ができるカメラで、一眼デジタルカメラ、もしくは、マニュアル設定が可能なカメラを持参する必要があります。

このクラスはDPH全レベル合同で授業が行われます。DPH103、DPH104の受講生には、より厳格な成果目標を設定した上で学習課題に取り組んでいただきます。

講師について

Shinya Watanabe

テンプル大学ジャパンキャンパスの美術教授。専門は写真とデザイン。
詳細はこちらから

同じ講師が教えているその他のコース:

修了証書プログラム

このコースは、下記の修了証書プログラムに適用されます:

同じカテゴリのコースを探す

早期お申し込み割引後の受講料について

2017年7月18日から8月21日の間にお申し込みいただき、8月21日までに全額の支払いを完了された場合、受講料は「割引後(早割)」の欄に記載されたものになります。

Friend of TUJ(FTUJ)特別割引の受講料について

Friend of TUJ特別割引プログラムのご登録企業・団体の社員の方の受講料は「割引後」の欄に記載されたものになります。Friend of TUJの詳細はこちらをご覧ください。