TUJの使命

テンプル大学ジャパンキャンパス (TUJ) の第一の使命は、すべての学生に優れた教育を提供することである。米国州立総合大学テンプル大学の日本分校として、学部・大学院・専門職大学院の各課程において、日米はじめ世界各国からの学生を受け入れ、東京の中心でトップクラスの米国大学の学位を取得する機会を与えるものである。

TUJは、日本を離れずに入学から卒業まで学業完結する米国大学というユニークな地位を活かしつつ、学位取得を目的とする課程・しない課程を含め、米国本校と同じ教育水準・修了要件を満たした幅広いプログラムを開講する。

TUJの教育哲学は、教育内容と学生サービスを両輪として追求する。大学教育は、学生が学業上やキャリア上の目標、あるいは個人的な夢を達成するために必要な、論理的思考力、異文化間コミュニケーション力、語学力、専門的スキルを獲得する機会を与えるものである。学生に対するTUJのこのコミットメントは、入学審査から就職支援にいたるまで、全ての場面における的確なサポート・サービスに裏づけられている。

現代社会においては、課題もチャンスも国境を越えて存在する。個人は文化や言語の障壁を乗り越えて生活し、自らのキャリアを築いていかねばならない。また、知識の探求は生涯続くプロセスである。TUJの使命は、日本という環境の中で、真の国際教育を提供することである。それは、米国の高等教育の伝統と最新の教育ノウハウを活用して、国境を越えた知的営為の場を創造することができる、この分野のリーダーであり革新者としての使命である。

TUJはまた、日本にある米国の教育機関として、日本の高等教育機関との連携協力を積極的に推進していく。相互の発展に資することを目的とし、教育、研究、運営面における協力関係を構築する。さらにTUJは、日本と米国との関係強化への寄与はもちろんのこと、真に国際的な高等教育機関として、すべての教育機関にとって、国境を越えた協働活動のモデルとなることを目指す。

これら使命の達成にあたりTUJは、テンプル大学およびその国際教育にかける熱意と信念を、誇りを持って代弁するものである。