新型コロナウィルス感染症に関する情報について (2020年6月16日)

キャンパス開構ステージ2への移行について

最終更新: 2020年6月16日

段階的な解除と今後の授業実施 について、TUJ学長から発信がありました。英語サイトでご覧ください


キャンパス開構ステージ1詳細について

最終更新: 2020年5月27日

段階的な解除ステージ1について、TUJ学長から発信がありました。英語サイトでご覧ください


TUJ段階的開講、6月1日よりステージ1

最終更新: 2020年5月26日

TUJ の教職員、学生の皆さん

ご存知のように、安倍首相は緊急事態宣言の解除を発表し、段階的な緩和に入りました。「大学」は 東京都の順次緩和策の 第一ステップに含まれています。再開の計画を始められることはとても素晴らしいことです。一刻も早く皆でキャンパスに戻りたいという気持ちを抑えて、段階を踏んだ準備を進めていきます。TUJステージ1は6月1日月曜日からスタートします。

まず、今週はTUJステージ1の開構に向けて最終的な準備を行います。学生のキャンパスへの立ち入りは、Wi-Fiをどうしても必要とする学生に限定します。5月25日から始まった夏学期ですが、2月ごろのような教室で授業を行っていた環境に戻るまでには、時間がかかります。この夏学期は慎重に対応させていただきます。しばらくオンラインの授業が続きますが、無事にキャンパスに戻ることができる日を楽しみに、皆で準備をしていきましょう。

TUJ ステージ1とは:

「ステージ1」の期間中、必要な場合のみ建物に入ることが許可されます。その場合、申請し許諾を得たうえで入構ください。この期間の開構時間は、月曜日から金曜日の8:00から20:00まで(予定)。建物に入るには、すべてのスタッフ、教職員、学生が次のことを行う必要があります。

  • 建物に入るときに体温チェックを受ける(体温計・温度感知カメラを介して)。体温が37.5度を超える場合、入館はできません。
  • TU IDカードをスキャンして、誰が建物に入ったかを追跡できるようにします。
  • マスクを着用してください。マスクなしでは入場できず、建物内では常にマスクを着用し続ける必要があります。
  • 建物に入るときに手を消毒します。
  • 建物内(すべてのオフィスや他の部屋を含む)のソーシャルディスタンスを維持します。

TUJ 学長

ブルース・ストロナク


入構禁止期間の5月末まで延長

最終更新: 2020年5月4日

TUJの教職員に向けて、TUJ学長から発信がありました。英語サイトでご覧ください


TUJ 学長から学生の皆様へ(学費について)

最終更新: 2020年5月4日

TUJの学生に向けて、TUJ学長から発信がありました。英語サイトでご覧ください


5月からの夏学期に向けて

最終更新: 2020年4月30日

TUJ学生の皆さんへ:

まずはじめに、この春学期は非常に厳しい状況であったにも関わらず、大学で学び続けた皆さんの努力に感謝します。誰もが教室での授業を望むわけですが、世界中の多くの学生にとってそれは難しいことでした。 TUJ全体、特に教員は、皆さんをサポートするためにできる限りのことをしてきましたが、それは簡単ではありません。

今最も重要な質問は、いつ教室での授業を再開できるのか?ということです。4月下旬までには方針を発表したいと伝えていましたが、残念ながら今年の夏学期もオンラインで開始する必要があるようです。

いつ東京都が緊急事態を緩和し、またいつ「新しい日常」に戻ることができるようになるのか誰にもわかりませんが、5月25日開始の新学期を、全面的に再開する準備を行うには間に合わないであろうと判断しました。キャンパスを開放することが許されたら、最善かつ最も安全な方法で再び学生の皆さん、特に通信環境などの支援が必要な学生の皆さんが利用できるよう準備を進めています。

夏学期のすべてのクラスはオンラインで開始する予定ですが、もし学期中に状況が改善した場合は、東京周辺在住の学生が教室に戻れるようにしたいと考えています。オンラインで開始したとしても、教室での授業、またはそのままオンライン授業を選べるようにします。つまりすべてのコースは学期全体にわたってオンラインで教えられますが、状況によって教室に戻りたい人は戻れますし、教室に戻りたくないという場合は戻らずオンラインで続けることができます。

学長として12年間過ごしていく中で、TUJについて私が最も驚かされていることは、ここがグローバリゼーションの最善の特徴を現す縮図のようだということです。学生は世界中から集まり大変多様ですが、TUJとして、そのコニュニティーの一員として、本当の意味でのアイデンティティがあります。 この新型コロナウィルス感染症パンデミックは、私たちの生活を大きく変える世界的な現象です。しかし変わらないもののひとつはTUJです。今までもそうであったように、これからもグローバル教育にポジティブな影響を与える存在として、皆で力を合わせていきます。

TUJ学長

ブルース・ストロナク

※4月28日学長発信の翻訳


TUJ 学長から学生の皆様へ(来学期開始見込み情報含む)

最終更新: 2020年4月17日

TUJの学生に向けて、TUJ学長から発信がありました。英語サイトでご覧ください


政府による「緊急事態宣言」発令を踏まえた措置について

最終更新: 2020年4月8日

4月7日の緊急事態宣言を受け、テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)は東京、大阪センターともに4月8日から5月6日まで入構禁止とします。東京都が休業を要請する具体的な施設について近日最終発表を行う予定ですが、その要請に大学として応えるものです。

4月8日の15:30をもって大学の運営は全てオンラインとなり、キャンパスへの入構はできません。8日の開構時間(9:30-15:30)は緊急を要する場合のみに限定します。入構の際のマスク着用並びに人との距離を保つことをお願いいたします。

3月2日から続いている春学期のオンライン授業は引き続き継続されます。

皆様へは緊急事態宣言に従い、不要不急以外の外出の自粛、人との距離をとり、マスク着用、手洗いの徹底をお願いします。

緊急事態宣言は5月6日の連休の最終日まで続きます。大学学部課程は、5月25日より夏学期を通常どおり開講の予定です。そのほかのプログラムの夏学期については下記をご覧ください。

  • ―EMBAは5月2日からオンライン授業開始予定
  • ―ロースクール LLMプログラムは5月9日から通常どおり開始予定
  • ―AEP(Academic English Program)とTESOL(大学院教育学研究科)は5月7日から通常どおり開始予定

TUJの教職員は3月30日より在宅勤務を続けています。

1か月後、皆様と再会できる日を心待ちにしております。それまではどうか健康に留意して「頑張って」ください。

TUJ学長


新型コロナウイルス感染者発生について

最終更新: 2020年4月6日

昨日(4月5日)本学の教職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。現在症状は軽症で自宅での安静・療養の上、日々医療機関が症状確認を行うという措置となっています

これを受けて現在、本学では、濃厚接触者への連絡など個別におこなっていますがその中に学生は含まれていませんでした。 同人の学内への出勤は3月26日が最後で、同人の学内立入り箇所の消毒処理を進めております。 また、本学は3月より教職員の自宅勤務措置をとっており、学内勤務者数は限られた状況にあります。

感染が確認された教職員の⼀刻も早い回復をお祈りするとともに、学⽣・教職員の皆さんは、⼿指衛⽣や咳エチケットの徹底など、感染拡⼤を抑制するために、引き続きご協⼒をお願いします。

TUJ学長


6月7日に予定されていた学位授与式の延期のお知らせ

最終更新: 2020年3月30日

TUJの学生に向けて、6月7日に予定されていた学位授与式が延期されることが発表されました。TUJ学長からの発信は英語サイトでご覧ください


春学期の成績と科目取消について

最終更新: 2020年3月27日

春学期の成績と科目取消について、米国本校ならびにTUJ学長から発信がありました。英語サイトでご覧ください


TUJキャンパス 限定的開校へ

最終更新: 2020年3月26日

TUJ キャンパスは新型コロナウイルスの感染が拡大に伴い、教職員の在宅勤務を実施するため、限定的な開校となります。TUJ学長より学生に向けたメッセージがありますので、英語サイトでご覧ください


最終更新: 2020年3月26日

TUJ学生に対して、TUJ学長から夏学期と寮についてメッセージが発信されました。英語サイトでご覧ください


最終更新: 2020年3月21日

TUJ(米国籍)学生に対してTUJ学長から緊急メッセージが発信されました。英語サイトでご覧ください

Study Abroad students に対しての緊急メッセージが発信されました。英語サイトでご覧ください


最終更新: 2020年3月13日

TUJ学部生の春学期の授業はすべてオンラインで行うことが決定しました。詳しくは英語サイトでご覧ください

また、大学院や生涯教育プログラムについては、各事務局から連絡がありますのでお待ちください。


最終更新: 2020年3月5日

TUJ学生、教職員向けに学長より発信がありました。英語サイトをご覧ください


TUJにおける授業について

最終更新: 2020年2月28日

TUJ 学生、教職員各位

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて27日安倍総理大臣から、全国すべての公立小・中・高校に臨時休校とするよう要請がありました。安倍首相の要請および現在多くが春休み中の他大学の感染拡大予防措置とを鑑み、米国本校とも相談の上、 TUJは 3月2日から2週間、現在春学期中の教室での授業を中止することを決定しました。これは感染拡大を防ぐための措置です。

この期間中の授業をオンラインに切り替え、学業上遅延のないよう進めることとします。

2週間後に通常の教室での授業を再開するか否かを決定します。その際、日本国内はもちろんのこと、海外関係機関とも情報を共有しながら、皆様の安全と健康が守られるよう努めることには変わりません。

また、米国本校のエデュケーション・アブロードオフィス経由で来日中の短期留学生のうち、本国への帰国を望む学生については、その決断を尊重し、オンラインにて学習を継続する措置を行います。詳細は追って連絡し、その際に申請方法なども明記します。

この2週間、授業はオンラインで提供されますが、大学自体は開校します。

学生、教職員の皆様にはご不便をおかけしますが、 我々は優秀で熱心な教授陣の指導力と学生の学業に対するコミットメントに自信を持っています。オンライン・対面関係なく、教育の質を保ち学生の成功に尽くすことを約束します。

皆様とTUJのキャンパスにて再び会える日を楽しみにしております。

TUJ学長

ブルース・ストロナク

追記:

  • 米国本校ロースクール経由の短期留学生については、TUJロースクールから直接連絡します。
  • AEP(アカデミック・イングリッシュ・プログラム)ならびに生涯教育プログラムについては、各事務局から直接連絡します。

最終更新: 2020年2月27日

TUJ学生、教職員向けに学長より発信がありました。英語サイトをご覧ください


最終更新: 2020年2月26日

TUJ学生向けの発信がありました。英語サイトをご覧ください


最終更新: 2020年2月19日

TUJの学生、教職員 各位

新型コロナウイルスによる感染症について、厚生労働省はどのような症状の時に相談や受診すべきか、その目安を公表しました。

  • かぜの症状や37度5分以上の発熱が4日以上続く場合
  • 強いだるさや息苦しさがある場合
  • 高齢者や、妊婦、また持病がある人は、感染すると重症化しやすいため、こうした状態が2日程度続く場合

上記の症状がある場合、まずは帰国者・接触者相談センターに電話で相談してください。受診する場合はセンターに勧められた医療機関を利用してください。

<東京都在住>
03-5320-4509 (日本語のみ)9:00-21:00 ( 東京都福祉保健局)
03-5285-8181 (外国語) 9:00-20:00 (東京都福祉保健局)
<東京都以外>
厚生労働省 帰国者・接触者相談センター
<外国人向け医療機関のかかり方>
https://www.jnto.go.jp/emergency/eng/mi_guide.html

感染が発覚した場合はTUJインフォメーションセンター 03-5441-9800 (ext 1030) またはtujinfo@tuj.temple.edu へ速やかに連絡ください。ご協力お願いいたします。


最終更新: 2020年2月14日

TUJの学生、教職員 各位

中国(中華人民共和国)から帰国・入国された方、あるいは37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有する方は、まず保健所へ相談ののち、医療機関を受診ください。感染が発覚した場合はTUJインフォメーションセンター 03-5441-9800 (ext 1030) または tujinfo@tuj.temple.edu へ速やかに連絡ください。ご協力お願いいたします。

参考情報:

日本

アメリカ合衆国


最終更新: 2020年2月5日

テンプル大学は、教職員および学生による大学関連業務およびプログラム等を目的とした中国本土への渡航を禁止しました(現段階では2月末まで有効)。米国務省は警戒レベルを最大の4に、また日本外務省も危険レベルを引き上げました。

不要不急の中国本土への渡航は自粛するようお願いいたします。

英語による情報は、米国大使館並びにNHK Worldのホームページで最新情報を確認してください。

更新情報は大学ウエブサイトや学内メールでご確認ください。