専門分野

クラーク上級准教授の主な研究課題は、アメリカ人の評価体系、アメリカ映画の歴史と美学、芸術(特に現代文学とアメリカ社会の絵画)、およびアジア系アメリカ人の歴史と文学です。

主な科目

クラーク上級准教授は1992年からTUJでアメリカ文化研究やアメリカ文学の教鞭をとっています。教鞭をとる科目には、アメリカ合衆国文化の歴史、アメリカ映画、男女問題などがあります。その他にもアジア系アメリカ人(特に日系・中国系アメリカ人)の体験や執筆についての科目も教えています。

研究分野

クラーク上級准教授は、19世紀後半のアメリカ人作家(特に自然主義者と初期の写実主義者)が、アメリカ社会の激変をどのように物語やスタイルに反映させ、表現していたかを研究しており、19世紀後半とその後の時代における芸術と芸術の間や執筆物と絵画(後に映画)の間にある関係に興味を持っています。 最近では、さまざまなアジア系アメリカ人作家(フィリピン系アメリカ人のカルロス・ブロサンやソネ・モニカやモリ・トシオなどの日系アメリカ人二世の作家)の文化の産物としての作品に焦点を置いて探究しています。

主な著書

  • Clark, William J. The iconography of gender in Thomas Eakins' portraiture. American Studies, 32:2, Fall 1991.
  • Clark, William J. The kids really fit: Rock text and rock practice in Bill Haley's Rock Around the Clock. Popular Music and Society 18:4 (1994): 57-76.
  • Clark, William J. Naturalism, revitalization and the novels of Frank Norris. Consumption and American Culture, David E. Nye and Carl Pedersen (eds.), European Contributions to American Studies XXI, VU University Press, Amsterdam, Holland, 1991.
  • Clark, William J. Flashpoints along the road to recognition: Review of Helen Zia's Asian American dreams. Japan Times. October 14, 2001.

学歴

  • Ph.D. in American Studies, University of Minnesota (1991)
  • M.A. in American Studies, University of Wyoming
  • B.S. in English, St. Louis University

所属学協会、委員歴等

  • American Studies Association (USA)
  • Japanese Association for American Studies
  • Popular Culture Association (USA)