浦元康介 (Kosuke Uramoto) — 2002 Bachelor of Arts

ウェブデザイナー、デベロッパー

当時のキャンパスはどこ?

麻布キャンパス。

学生時代いちばん思い出に残っていることは?

TUJでは経済を専攻していましたが、必修科目以外はReligionの講義を好んで受けていました。講義の中で靖国について考える機会がありましたが、アメリカの大学で触れるテーマだとは思わなかったので単純に驚いたのと同時に、国籍、文化、多面的な意見が交わるTUJの国際性をそのとき実感しました。

TUJで学んだことは、あなたのキャリアや人生一般にどのように役立っている?

講義を通じて学んだ知識、英語力やコミュニケーション能力といったスキル、出会い、それらは私の一部です。いま充実した日々を過ごせているのは、そのとき学んだことが役立っているからだと思います。

また、TUJではアメリカの教育を受けながらも日本人の感覚を培えたと思います。私は小学校からインターナショナルスクールで学び、2年間のアメリカ留学を経験した後にTUJを卒業しましたが、初対面の方にそのバックグラウンドを話しても信じてくれないことがあります。良いか悪いかはわかりませんが、それが日本で働くうえで一つの武器だと思っています。

あなたの在籍時代と比べて今のTUJは変わった?あるいは変わっていない?

在籍当時、国内には外国大学が多数ありましたが、現在はその数が減り、TUJの存在がますます際立っていると思います。

TUJの将来についてどう占う?

日本の大学に入学する、海外留学する、TUJやその他の外国大学日本校に入学するなど、学生の選択とその背景にある理由は様々です。あくまでも私の意見ですが、TUJに入学することは学生にとって、いわゆる王道のパターンから外れることを意味すると思います。しかし、TUJという特殊な環境で学ぶことは、そこでしか得られない貴重な経験となり、学生をたくましく成長させていると思います。TUJにはこれからも世界で活躍する卒業生を多く輩出してほしいと願っています。

(2012年8月掲載)

TUJ 30th Anniversary Facebook Page
Re-connect with your classmates, share your stories about TUJ, and let's celebrate our 30th anniversary together!

Follow us on Twitter @TUJWeb. We will be tweeting anniversary related information with the hashtag, #TUJ30. Please tweet your message to the TUJ community with the hashtag!