テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都世田谷区/学長:マシュー・ウィルソン、以下TUJ)と明治大学(東京都千代田区/学長:大六野耕作)は単位互換協定を改定し、2022年8月より、明治大学からTUJへの学生派遣の範囲を現在の文学部限定から全10学部へ変更し、より多くの学生を受け入れます。

テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都世田谷区/学長:マシュー・ウィルソン、以下TUJ)と明治大学(東京都千代田区/学長:大六野耕作)は単位互換協定を改定し、2022年8月より、明治大学からTUJへの学生派遣の範囲を現在の文学部限定から全10学部へ変更し、より多くの学生を受け入れます。新型コロナウイルスの感染拡大によって海外留学をためらう学生もいる中、明治大学の学生が、約6割外国人学生が在籍するTUJのグローバルな環境で学ぶことで、渡航を伴わずに留学に近い体験が得られるということで、今回の改訂にいたりました。

もとより、TUJと明治大学は、2014年5月より明治大学文学部と教育連携協定を締結しています。単位互換協定※はその活動のひとつで、双方の学生は追加授業料を負担することなく、提携先大学の科目を履修することができます。また明治大学は米国本校のテンプル大学大学院と、デュアルディグリープログラム(明治大学の「学士」とテンプル大学大学院の「修士」を取得できる)でも提携を結んでいます。

※所属学部ごとに所定の条件があります。

明治大学 大六野耕作学長コメント

明治大学の派遣留学生数は2019年度に2300名を超え、その派遣者数は日本国内の大学の中でも一、二を争う所まで順調に伸びてまいりました。2014年度には従来にない新しい取組みとして、本学文学部とTUJが単位互換協定を締結し、明治大学・TUJ双方の学生が互いのキャンパスで授業を受け、単位を取得できるプログラムを開始しました。

このたび全学部に対象を拡大するTUJとの単位互換協定※によって、明大生にとっては、日本国内にいながらにして、本格的な米国式の授業を受講し、実際の海外留学に近い環境を経験できることとなります。もちろん、その後、米国のテンプル大学本校に留学して、協定留学(交換型)や、本学に在籍したままテンプル大学及び同大学院に留学し、明治大学の学士号とテンプル大学の修士号の双方を取得できる「Dual Bachelor’s Master’s Degree (DBMD) program」に挑戦する選択肢も用意されています。

テンプル大学とのこれらのプログラムは、いわば国境を超えた「大学の融合」と言えるでしょう。明治大学は学生の皆さんや時代のニーズに合わせた「新たな留学のカタチ」を開発し、これからも国を超えた「大学の融合」を合言葉に真の国際化を目指します。

※単位認定については所属学部ごとに所定の条件があります。

TUJマシュー・ウィルソン学長コメント

明治大学との協力関係を強化できることを大変うれしく思います。過去8年の間、TUJの学生は明治大学のキャンパスで、明治大学の学生はTUJに通い、学位取得を目指しながら学んできました。コロナ禍で海外留学が困難になるなか、今回の単位互換協定改定が、独自の「国内留学」の場になることを期待しています。テンプル大学はペンシルベニア州フィラデルフィアに本校を置き、東京のテンプル大学ジャパンキャンパスでは、57カ国から集まる約1,400人の学部生が英語でアメリカ式の大学教育をうけています。