グローバル・ランキング2021でみる「テンプル大学」

テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都世田谷区/学長マシュー・ウィルソン/TUJ)は、米国ペンシルベニア州フィラデルフィアに本部を置く、テンプル大学の海外分校として、1982年に東京で開校しました。米国の州立総合大学であるテンプル大学は、世界的に権威あるさまざまな評価機関からその学術性の高さが認知され、「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」の世界大学ランキング2021では、世界のトップ301-350位のグループにランクインしています。

このTHE2021には、日本にある大学では東京大学と京都大学の2校がトップ100位までに、また201-250位には東北大学が、そして301-350位に東京工業大学がテンプル大学と同グループにランクインしました。

THE世界大学ランキング2021 THE2021トップ400校に選ばれている日本にある大学
~100位以内 36位 東京大学
54位 京都大学
201~250 東北大学
301~350 東京工業大学
テンプル大学
351~400 名古屋大学
産業医科大学
大阪大学

また、「プリンストン・レビュー」では、テンプル大学は2021ベスト・カレッジ386校のひとつに選ばれています。

「USニューズ&ワールド・レポート(2021-2022)」では、以下のとおりランキングされています。

  • 総合大学:103位
  • トップ公立大学:46位
  • 退役軍人の教育支援を行うベスト・カレッジ:68位
  • ベスト教育学大学院:39位
  • ベスト・ロースクール:53位
  • ベスト・ロースクール/法廷弁論プログラム:1位

テンプル大学本校は1884年、法学博士ラッセル・コンウェルにより夜間学校として創設されました。現在では高等教育界において国際競争力の高い総合大学、トップクラスの研究機関として、約37,000人の学部生、院生、社会人学生が在籍するまでに成長しています。

創設時、幅広く一般市民に学問研究の門戸を広げるため、当時地域住民の生活に密着した教会として親しまれていた、「バプティストテンプル」を利用したのが、「テンプル(=寺院、教会)」の名前の起源です。今日では、17の「カレッジ」および「スクール」(※日本の大学の学部、大学院に相当)を擁し、ペンシルベニア州内のほか、ローマ、東京(TUJ)を含む8つのキャンパスがあります。