オンライン教育とその未来について考える「日米アカデミックフォーラム」を共催

昭和女子大学(坂東眞理子理事長・総長)とテンプル大学ジャパンキャンパス(ブルース・ストロナク学長 / 以下TUJ)は9月18日、「日米アカデミックフォーラム」を共催します。両大学は、昨年夏より世田谷キャンパスの敷地を共有し、本フォーラム共催は今年で3回目となります。

『Online teaching and beyond 「オンライン教育とその未来」』をテーマに、昭和女子大学の海外キャンパス・昭和ボストンの教員も参加してグローバルに意見を交わします。大学教職員をはじめ、高校や学校関係者など実務担当者間で意見交換し、日本の高等教育のグローバル化を考えます。

日時:
2020年9月18日 (金) 14:00 – 15:30
形式:
Zoomウェビナー形式 (日英同時通訳)
テーマ:
『Online teaching and beyond 「オンライン教育とその未来」』
概要:
開会のごあいさつ 坂東眞理子 昭和女子大学理事長・総長
第1部プレゼンテーション(14:00~15:00)
  • 「高等教育におけるオンライン学習の役割」
    豊福 晋平・国際大グローバルコミュニケーションセンター准教授・主幹研究員
  • 「コロナ禍の効果的な教育手法とは」
    Karl Neubert TUJ准教授
  • 「コロナ時代における質の高い教育プログラムの設計」
    Karen Bowley 昭和ボストン Program Director
  • 「オンライン教育の学生に与える影響」
    緩利 誠 昭和女子大学 准教授・FD推進委員長
  • 「withコロナ – 米国高等教育のいま」
    George Miller TUJ教務担当副学長
第2部質疑応答(15:00~15:30)
閉会あいさつ Matthew Wilson TUJ 新学長(9月14日に就任予定)
参加申し込み:
お申し込みフォーム

お申し込み・本件に関するご取材お問い合わせ

TUJ広報・マーケティングサポート部:tujpr@tuj.temple.edu