TUJにてマネジメント修士課程、2020年秋学期から新たに開設

テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都世田谷区/学長ブルース・ストロナク/以下TUJ)は、新たにマネジメント修士課程を2020年秋学期からスタートします。本プログラムは、リベラルアーツ、あるいは他のビジネス関連以外の学位を取得した学部課程卒業間もない方々を対象として設計されています。会計、財務、リーダーシップ、戦略などビジネス・ファンダメンタルズに基づいたカリキュラムを通して、グローバルな視野に立ち、今日のビジネスの世界で成功するために必要な知識の習得と、学部課程での学びをさらに補強するねらいがあります。

本プログラムは、米国テンプル大学本校のフォックスビジネススクールの学位プログラムとしてTUJで開講され、 AACSB International — Association to Advance Collegiate Schools of Business (ビジネススクール認証機関)の認可を受けています。

3つの特長:

  • ビジネスに関する知識および就業経験が限られた非ビジネス系学部(経営学部、商学部などを除く)出身者向け
  • 30単位取得、1年(平日日中受講)で修了可能
  • プログラムの一部としてインターンシップの機会

TUJ教務担当副学長 ジョージ・ミラーのコメント:

「ビジネスの世界を理解することはあらゆる人にとって有益です。会社員として、起業家として、あるいはフリーランサーとして働くとしても、このプログラムはビジネスでの成功への道しるべとなるでしょう。財務知識、IT、リーダーシップスキルを補強して、学部課程で身に着けた能力をさらに最大限に活かすお手伝いをします」

TUJマネジメント修士課程 ディレクター 森美樹也のコメント:

「マネジメント修士課程では、ビジネスに不可欠なコースと実践的な学びの機会を組み合わせ、確固たる学問的基礎の習得を目指します。セミナーやワークショップ、ビジネスパーソンとの交流を通じて、学部課程卒業間もない方々にさまざまな学びの経験をご提供します」

2020年秋学期の出願受付は3月より開始します。詳細はプログラムにお問い合わせください。(連絡先:電話 03-5441-9871 /Eメール tujbusiness@tuj.temple.edu)