小学生から高校生まで、この夏「日本でアメリカ」を体験しよう

~テンプル大学ジャパンキャンパスの夏期英語プログラム~

2012年5月22日

テンプル大学ジャパンキャンパスは、この夏も児童生徒を対象にしたさまざまな短期英語プログラムを開催します。日本唯一の米国総合大学、また教育学英語教授法(TESOL)で長い歴史を持つテンプルジャパンならではの学習内容で、いずれもテンプルジャパン在学生が多数アシスタントとして参加するのが特徴です。

TOTAL IMMERSION: 英語Onlyで過ごす1日(高校生向け)

※実際のイベントは大学校舎内で行います。

6月9日(土)

アメリカ人をはじめとする外国人学生とともに様々なアクティビティを行い、英語だけでコミュニケーションする環境を作り出します。ゲームなどの活動を通じて、米国の大学で教えられている効果的なコミュニケーションのとり方を、心理カウンセラーが指導します。

高校生のためのTUJサマーカレッジ

7月29日(日)~8月4日(土)

「英語漬けの7日間」を体験する、高校生向け集中プログラム(学年不問)。米国大学ならではの参加型授業を通じて、創造的・理論的に考える力とそれを伝えるスキルを養います。「読解・分析・逆説・理論的主張」などのテーマで1日約4時間行われる授業は、大学附属英語研修課程(アカデミック・イングリッシュ・プログラム)の講師が担当し、テンプルの学生がアシスタントを務めます。期間中は学生寮に滞在、テンプルの外国人学生や同時期に来日する海外からの高校生と寮生活を共にすることで、食事やフリータイムでも異文化コミュニケーションが経験できます。

高校生のための短期集中留学対策講座

8月6日(月)~10日(金)

米国大学進学を目指す高校生対象(学年不問)。上記の「高校生のためのTUJサマーカレッジ」との連続受講が推奨されますが、当講座のみの申込みも可能。米国大学や大学生活に関する情報のほか、入学するために必要な英語力と入学後に成功するための英語力の両方を学べます。午前のクラスはグループディスカッションから始まり、大学で実際に使われるテキストを模した教材を使用して、語彙とリーディング、文法とライティングの力を高めます。午後は、読む・聞く・書く・話すの四技能が求められるTOEFL iBTのテスト対策を通じて基礎力を強化します。

小・中学生のための国内留学プログラム(港区連携協力事業)

8月8日(水)~10日(金)(小学5・6年対象)
8月20日(月)~22日(水)(中学2・3年対象)

「英語漬けの3日間」で英語圏への留学を疑似体験します。開講式から閉講式まで、使用するのはすべて英語。講師は全員がネイティブスピーカーで、さらに外国人学生がアシスタントとして参加します。小学生向けでは、簡単な英文を読んだりDVDを見たり、内容について話したりしながら語彙を増やし、会話力を伸ばします、中学生向けでは総合力(読む・聞く・書く・話す)に重点を置き、外国人学生との異文化交流を通して、海外の文化やコミュニケーションの仕方を学びます。

このほか、高校生とその保護者向けの定例オープンキャンパスや1日体験入学は、6-8月の期間中、以下の日程で行われます。

オープンキャンパス(学部説明会)

6月2日(土)、16日(土)、7月7日(土)、22(日)、8月11日(土)、18日(土)

米国の大学教育についての一般解説、キャンパスツアー、在学生の体験談のほか、模擬授業、個別相談も受け付けます。7月22日・8月18日の説明会は「就職特集」と題し、保護者向けセッションを設けてキャリアガイダンスや就職支援体制について、就職部長が説明を行います。

一日体験入学

6月6日(水)

2科目まで実際の授業見学ができ、その後は学生との懇談会または個別相談から選べます。