ストロナク学長が帝京大学で講演 「チームとして大学改革に取組むために-管理職に求められるスキルと能力-」

2011年10月17日

9月17日開催の帝京大学高等教育開発センター主催・第2回FDフォーラムで、本学のブルース・ストロナク学長が講演を行いました。同フォーラムは、帝京大高等教育開発センターの活動である「FDに関わる各種啓発活動および情報収集・提供」の一環として開催されたものです。

講演タイトルは、「チームとして大学改革に取組むために-管理職に求められるスキルと能力-」。大学運営において教務と事務(アドミニストレータ)が対等な立場で協力することが不可欠であること、さらにプロのアドミニストレータ育成の必要性、改革におけるトップダウン・アプローチの大切さなどを論じました。

講演で使用したプレゼンテーションファイルは、帝京大のウェブサイトから閲覧可能です。