コミュニケーション学科(専攻)

コミュニケーション分野のプロを目指して創造力と実践力を磨きます。

高い評価を誇るテンプル大学本校のメディア・コミュニケーション学部から、様々な専門分野を採用。コミュニケーション学科では放送、テレコミュニケーション、マスメディア、映画とメディアアーツ、ジャーナリズム、戦略的コミュニケーション、演劇などを学ぶことができます。学生はプロとして活躍するビジョンを持って、コミュニケーションの理論だけではなく社会で実際に役立つ実技を習得します。

インターンシップを希望する学生は、広告代理店、テレビ・ラジオ局、制作会社などで在学中に就業体験を積むことができるだけでなく、このインターンシップが卒業後のキャリアへと繋がる可能性もあります。

ロナルド・カー上級准教授の顔写真

ロナルド・カー

Ronald Carr

コミュニケーション学科アドバイザー 兼 コーディネーター

フィルム&メディアアート学上級准教授

コミュニケーション学科では、各分野間の連携を大切にしています。例えば、フィルムメイキングを目指す学生はビデオ撮影や編集、音響を学び、ジャーナリズムを目指す学生は印刷物やマルチメディア・ジャーナリズム、放送について学ぶことができます。また、本学科では、プロの現場で通用する技術を身につけることを重要視しています。幸いTUJの位置する東京は、インターンシップ探しには最高の環境であり、多数の外資系企業、PR会社、広告会社、IT企業などがTUJのインターンシップを受け入れています。

さらに、コミュニケーション分野で活躍を目指す学生には、豊かな創造力、柔軟性、そして論理的思考力が求められます。映画、放送、広告の業界では、細分化された専門スタッフと連携してひとつの作品を完成させるので、自発的であることも重要です。今日、コミュニケーションのプロフェッショナルは、新しいメディア技術を理解して自在に操ることを求められています。

マスメディアの国際化は加速し、競争力を維持するためには放送、印刷、インターネットなどを巧みに組み合わせてコーディネートする能力が極めて重要になってきています。コミュニケーション学科では、学生が刺激的でやりがいのある未来に向かって準備ができるようカリキュラムを組んでいます。

コーディネーター・インタビュー

カー上級準教授のポートレート写真

「コミュニケーション」で世界とつながる

在学生へのインタビュー

卒業生の声

松井拓麻さんの顔写真

松井 拓麻

Takuma Matsui

インターンシップ:AOI Pro.(2014年秋学期)

就職先:凸版印刷

駒澤大学高等学校(東京都)卒業後、駒澤大学からTUJのアカデミック・イングリッシュ・プログラムを経て学部課程に編入。2013年夏学期~2014年春学期に米国本校に留学。

異文化体験に憧れていた私にとってTUJは魅力的でした。アカデミック・イングリッシュ・プログラムで学び始めたころ、休み時間になると外国人学生が多く集まるカフェテリアに繰り出し、生きた英会話に挑戦していました。それは、社会人の同級生の影響です。彼の日課は一日一人外国人の友達を作ることで、同年代の他の学生よりもTUJの環境を最大限に活用しようとしていました。もしかすると、今の私があるのは彼のおかげかもしれません。

TUJを知ったのは、日本国内の大学に在学中に海外留学が諦めきれず、高校の担任の先生に相談した際に紹介されたのがきっかけです。本校に留学を希望する場合、留学前後のプロセスが明確で卒業までの計画が立てやすいことが進学の決め手となりました。両親の理解とサポートを得るために立てた卒業までのプランに沿ってなんとか卒業までたどり着くことができ、自分は幸運だと感じています。専攻は広告や映画など一番身近に感じられる分野なので、迷いなく決め、本校では広告を重点的に学びました。将来はTUJの卒業生であることを誇りに思いながら、社会で経験を積んでいきたいと思っています。

金知英さんの顔写真

金 知英

Jiyoung Kim

就職先:NHK

東京都立国際高等学校卒業後、カリフォルニア州のGlendale Community Collegeを経て、学部課程に編入。

ドキュメンタリーフィルム制作を学ぶため東海岸の大学への編入を希望したのですが、学費の高さに断念しました。それまでの米国留学を無駄にせず4年制大学を卒業したいという思いと、それを諦め映画先進国である韓国の映画専門学校に進むべきかとの狭間で真剣に悩んでいたころ、日本で米国4年制大学を修了できるオプションとしてTUJを知り、編入を決意しました。コミュニケーション学科があることもTUJを選択する大きな要因となりました。留学で得た単位と、時間を無駄にせず学業が続けられたことに感謝しています。

メディア業界からぶれることなく就職活動をすすめ、就職先に記者として採用されるに至りました。自分の今までの経験を生かし、偏りのない中立な立場で情報を伝える記者を目指し頑張りたいと思っています。いつか、私達の日常に深く関連していながら世間が無関心な出来事や惨状などについて世間が関心を持つきっかけとになるフィルムを制作できたらと思っています。

カリキュラム例

  • コミュニケーションと市民の生活
  • メディア総合理解/メディアと社会
  • コミュニケーション・セミナー

以下各分野からそれぞれ一科目ずつ選択

  • コミュニケーション理論
  • リサーチ・メソッド
  • 分析
  • 異文化理解

以下2グループより選択

  • 現代メディア環境グループ
    (メディア論と制作分野、戦略的コミュニケーション分野、ジャーナリズム分野、フィルム/メディアアーツ/シアター分野より7科目)
  • 特別学際グループ
    (メディア・コミュニケーション学部科目より5科目、東アジア言語分野より1言語を3科目、ライティング・セミナーを2科目)