データでみるテンプル大学 —世界ランキング、全米ランキング 2022—
Photography by Joseph V. Labolito

テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都世田谷区/学長マシュー・ウィルソン/TUJ)は、1982年に米国ペンシルベニア州立の総合大学であるテンプル大学の日本校として開校し、この夏40周年を迎えます。米国のテンプル大学は、高等教育界において国際競争力の高い総合大学、トップクラスの研究機関として、約37,000人の学部生、院生、社会人学生が在籍する大学です。イギリスの教育専門誌Times Higher Education (THE)より公表された世界大学ランキング2022(2021年9月発表)では、世界のトップ301-350位のグループにランクインしています。

テンプル大学 世界ランキング

「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」 2022 (2021年9月発表)

1-100位

201-300位

301-350位

351-400位

401-1000位

  • 35位 東京大学
  • 61位 京都大学
  • 東北大学
  • 大阪大学
  • テンプル大学
  • 東京工業大学
  • 名古屋大学
  • 北海道大学
  • 筑波大学
  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学

THE2022では、日本の大学は東京大学35位、京都大学は61位となり2大学がトップ100位以内に入りました。2021年同様、201~250位カテゴリーに東北大学、そしてテンプル大学と並ぶ301~350位には大阪大学と東京工業大学がランクインしました。

THEは、世界1600大学以上、99の国や地域の大学を分析しています。(リンク

テンプル大学 全米ランキング

テンプル大学 全米大学院ランキング

「USニューズ&ワールド・レポート」 大学院2023(2022年3月発表)

テンプル大学とは

米国ペンシルベニア州立の総合大学。1884年に法学博士ラッセル・コンウェルにより夜間学校として創設されました。創設時、幅広く一般市民に学問研究の門戸を広げるため、当時地域住民の生活に密着した教会として親しまれていた、「バプティストテンプル」を利用したのが、「テンプル(=寺院、教会)」の名前の起源です。今日では、17の「カレッジ」および「スクール」(※日本の大学の学部、大学院に相当)を擁し、ペンシルベニア州内のほか、ローマ、東京(TUJ)を含む8つのキャンパスがあります。

テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)

米国テンプル大学の日本校であるTUJは、現在世界57ヶ国・地域から学生が集まり、日本でアメリカの学位を提供する高等教育機関として、真のグローバル環境を求める学生の選択肢となっています。大学学部課程、大学院課程のみならず、学位取得を目的としないアカデミック・イングリッシュ・プログラムや生涯教育プログラムなど、学びの機会を求める多くの人にその門戸を広げ、学生数は、全てのプログラムを合わせて約3700人です。1クラス平均19人の少人数制のリベラルアーツ教育や長期インターンシップの紹介に加え、コロナ禍より進化し続けるハイブリッド型の授業を継続し、学生の視野を広げ、学びを深める工夫を取り入れています。TUJは2005年2月、文部科学省より「外国大学の日本校」として指定されました。外国大学の日本校として指定を受けた外国大学の日本校は、TUJが初めてです。これにより、本学の学生の日本の大学院への入学、または日本の大学との単位互換などが、正式に認められることになりました。現在、明治大学、昭和女子大学、武蔵大学、東洋大学と単位互換等、また昭和女子大とはダブルディグリー制度等の協定を結んでいます。