年齢と国籍を超えた「スーパーグローバルキャンパス」の活動  日米の大学生と日英の高校生が「日本と世界の未来」を議論



テンプル大学ジャパンキャンパス (学長 マシュー・ウィルソン、以下TUJ)は、同じ敷地内にある昭和女子大学 (理事長・総長 坂東眞理子)とブリティッシュスクール・イン・トウキョウ昭和 (学校長 ポール・タフ、以下BST)と「日本の未来、世界の未来 – グローバル社会に生きる責任」を共催します。昭和女子大学附属の高校の生徒も参加し、違う言語を母語とする日米の大学生と日英の高校生が共に日本と世界の未来について議論し、多文化理解を深めます。

「日本の未来、世界の未来 – グローバル社会に生きる責任」
“The Future of Japan, The Future of the World – The responsibilities of living in a global society”

日時
2021年7月10日 (土) 13:00 – 16:20
会場
オンライン
言語
日本と英語 (通訳あり)
内容
13:00 – 13:10
開会のご挨拶 昭和女子大学 理事長・総長 坂東眞理子
13:10 – 14:00
基調講演 ワイデン+ケネディトウキョウ
クリエイティブ・テック・ディレクター 米澤香子氏
14:10 – 15:20
学生、生徒による議論<*3会場にて同時進行>
テーマ① 他文化への不寛容はどのようにしたら克服できるのか?
テーマ② 多文化社会とは何か?多文化社会に生きるとはどういうことか?
テーマ③ グローバル社会で求められる力とは何なのか、どのように育成すればよいのか
※オンラインでご覧頂けるのは、テーマ③のみです。
15:30 – 16:00
全体発表 (テーマ①~③)
16:00 – 16:10
まとめ BST 学校長 ポール・タフ
16:10
閉会のご挨拶 TUJ 学長 マシュー・ウィルソン
申込

<一般・学外> 事前参加申込制・先着500人
7月2日(金)までに右のQRコードか以下の申込フォームからお申込みください。

お申し込みフォーム

*メディアの方で視聴、取材を希望される場合はご連絡ください。
tujpr@tuj.temple.edu

<TUJ学生・教職員・卒業生・関係者> TUJイベントページからお申込みください。

詳細
TUJイベントページでご確認ください。
【基調講演登壇者プロフィール】

米澤香子氏

Wieden+Kennedy Tokyo クリエイティブ・テック・ディレクター

大学で航空宇宙工学、大学院でHuman Computer Interactionを専攻。在学中に未踏IT人材発掘・育成事業に採択され、Cat@Log:Human Cat Interaction Platformを開発。2010年電通入社。2015年より約2年半宇宙ベンチャーに出向し、CI策定から宇宙機のデザインまで一貫してクリエーティブ・ディレクションを手掛ける。テクノロジーの関わる領域において、研究開発業務、企業のキャンペーン/イベントプランニングからサービス企画開発、プロダクトイノベーション、アートまで幅広く行う。2020年よりWieden+Kennedy Tokyo 所属。主な仕事に、Honda “dots by internavi”, “Sound of Honda / Ayrton Senna 1989”, OLYMPUS “PLAY AIR”, JAXA “THE SPACE HANGOUT”, ispace “HAKUTO” など。主な受賞歴に、文化庁メディア芸術祭大賞、グッドデザイン賞金賞、Cannes Lionsチタニウムグランプリ、D&ADブラックペンシルなど。