新キャンパス完成記念式典を挙行 テンプル大学ジャパンキャンパス

テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)は11月6日、三軒茶屋の昭和女子大学敷地内に建設された新キャンパスにて完成記念式典を開催しました。米国テンプル大学本校から理事長ミッチェル・モルガン、総長リチャード・イングラートをはじめとする約40人の代表団が来日し、また日本国内外から関係者、支援者が250人程参列して、リボンカット、鏡割りが行われました。

その後、昭和女子大学・人見記念講堂に会場を移し、同大学の坂東眞理子理事長・総長へのテンプル大学名誉博士号授与式が執り行われました。

式典では、フィラデルフィアから来日した米国本校総長イングラートは冒頭で挨拶に立ち、1884年創設の歴史あるテンプル大学にとって、本校で最先端の設備を誇るチャールズ図書館が開設されたことと並んで、東京(三軒茶屋)に誕生したTUJの新キャンパスは今年完成した2つの重要施設であることを挙げた。坂東理事長・総長について「ご自身とご家族のためのみならず、著作を通じ、公職を通じ、また高等教育機関の長としての職を通じて日本と世界の多くの人々に影響を与え、進むべき道筋を示してこられました」と功績を称賛しました。

米国テンプル大総長 リチャード・イングラート

来賓祝辞として福田康夫元首相は、官房長官兼男女共同参画担当大臣時代に、坂東理事長・総長が男女共同参画局長をしていた実績を振り返り、また現職高等教育の現場における活躍を称え、「これからテンプル大学、昭和女子大学が発展し、役割を果たすことを期待する」とはなむけの言葉を述べられました。また、在日米国大使館からのメッセージとしてニコラス・M・ヒル首席公使代理は、「両国市民の交流を深め促進することを重要な使命のひとつ」と考えており、「輝かしい歴史の新たな幕開けにあたり、両校のますますのご発展をお祈り申し上げます」と祝意を表しました。

福田康夫元首相による祝辞
米テンプル大プロボスト ジョアンナ・エップス(左)、昭和女子大 坂東真理子理事長総長(中央)、米テンプル大理事長 ミッチェル・モルガン(右)

授与式会場では、TUJが日本公演の教育機関パートナーを務めるフィラデルフィア管弦楽団のカルテットがお祝いの演奏を奏で、祝典に花を添えました。

フィラデルフィア管弦楽団カルテット
名誉学位授与式記念写真(於 昭和女子大 人見講堂)

授与式後、TUJ新キャンパス学生ラウンジ/カフェテリアにて催されたイブニングレセプションには政財界から300人を超える諸氏が集い、TUJの新たな門出を祝し、盛会にて幕を閉じました。

(左から)米テンプル大プロボスト エップス、TUJ学長ブルース・ストロナク、米テンプル大総長 イングラート、昭和女子大 坂東理事長総長
レセプション会場で TUJの歴史を振り返る写真の一部を見上げる来場者

写真:デレック・ペコ(コミュニケーション学科4年)