11月に新キャンパス記念式典を開催。 米国本校からも理事長、総長など来日、 また駐日米国臨時代理大使も出席予定

テンプル大学ジャパンキャンパス (学長ブルース・ストロナク/以下TUJ)が今秋、昭和女子大学(東京都世田谷区/理事長・総長 坂東眞理子)の敷地内新校舎へ移転したことを記念し、11月第一週にさまざまな記念行事開催を予定しています。

新校舎完成記念式典にテンプル大学米国本校理事長、総長らが来日。

11月6日の記念式典には、米国本校より理事長ミッチェル・モルガンをはじめとする理事会(Board of Trustees)メンバー、総長リチャード・イングラート、プロボスト(教務担当副総長)ジョアンナ・エップスなど、40人を超す代表団が来日します。開校から37年を経て、新キャンパスで新たな一歩を踏み出すTUJを祝し、式典には駐日米国臨時代理大使ジョセフ・ヤング氏も列席予定です。(TUJの文部科学省指定「外国大学日本校」は米国大使館を通じて受けたものです)

フィラデルフィア管弦楽団日本公演のオフィシャル教育機関パートナーに。式典でも演奏予定。

新校舎完成記念事業の一環として、TUJは伝統あるフィラデルフィア管弦楽団日本公演のオフィシャル教育機関パートナーを務め、11月3日からの京都、東京での日本公演を支援しています。米国本校の拠点であるフィラデルフィアを本拠地とする世界有数の同オーケストラには、テンプル大学の卒業生も多数在籍しており、米国本校で教鞭を執る団員も所属するなど、ゆかりがあります。昭和女子大学人見講堂で行われる11月6日の坂東真理子同大学理事長名誉学位授与式では、アンサンブル生演奏で式典に華を添えます。

TUJロースクール設立25周年記念フォーラム開催

フィラデルフィア、東京、北京、ローマでプログラムを提供するテンプル大学ロースクール(Beasley School of Law)は1895年に創立され、国際法曹教育のリーダー的存在として、国際舞台で活躍する優秀な法曹人を多数輩出してきました。米国法曹協会(American Bar Association / ABA)認定で、米国トップランクに位置づけされています。米国本校ロースクールの修士課程を提供するTUJロースクールは1994年に創設され、今年で25周年を迎えます。これを記念して11月4日にフォーラムと奨学金レセプションを開催します。

地域の皆様とのふれあいを目的としたアメリカンスタイルのお祭り「コミュニティ・デイ

移転以来、地域の皆様には近隣住宅、商店街など日々さまざまな形でかかわりながら、TUJの大きな転機を支えていただいています。その皆様に新キャンパスへと足を運んでいただき、学生、教職員をより身近に感じていただける機会としてコミュニティ・デイの準備を進めています。11月7日イベント当日には、地域の方々に屋台ブースをご出店いただくほか、広く住民の皆様とふれあうきっかけ作りとして、国際色豊かなステージパフォーマンスや、学生の映像作品の紹介など、さまざまプログラムを用意しています。米国から初来日するテンプル大学のマスコット、ふくろうのHooterも特別出演します。

※新キャンパスの詳細については、交通アクセス、または新キャンパスプロジェクトをご覧ください。

<新校舎完成記念式典 関連イベントスケジュール>

11月5日(火) ロースクール設立25周年記念フォーラム&奨学金レセプション
11月6日(水) 新校舎完成記念式典
午後3時30分~ テープカット、鏡割り、名誉学位授与式
イブニングレセプション(招待者限定)
11月7日(木) コミュニティ・デイ 【TUJ祭り/一般公開】
キャンパスツアー、屋台、ゲーム、映像作品上映、パフォーマンス ほか
11月8日(金) 同窓会イベント (Alumni Reunion)
1982年のTUJ開校以来、37年の変遷を支えてきた卒業生に感謝の意を込めて新キャンパスをお披露目
11月9日(土)~10日(日) 昭和女子大学 秋桜祭
TUJ学生、教職員による出展、ステージパフォーマンス参加