学生主催の「2018年TUJ学生映画祭」テンプル大学ジャパンキャンパスで4月13日開催

テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都港区/学長ブルース・ストロナク/TUJ)は4月13日金曜日、麻布校舎の学生ラウンジ”The Parliament”で、学生主催の「第13回TUJ学生映画祭(13th TUJ Student Film Festival)」を開催します。映画祭では学生が製作した短編映画11作品を上映する予定です。上映作品の内訳はドキュメンタリーが3作品、コメディが3作品、ミュージック/エクスペリメンタル・ビデオが3作品、ドラマが2作品となっています。上映は一般公開され、入場料は無料です。全作品、字幕(日・英)付きで、コミュニケーション学科の授業の一環として撮影、編集、字幕まですべてTUJの学生が手がけたものです。

本映画祭は単位取得の対象となる授業として、作品募集から選考、開催告知や当日の運営まで全行程を学生が担います。2005年の第一回以来、コミュニケーション学科准教授カール・ノイベルトが、本映画祭を監修、指導にあたってきました。成績は字幕付け、イベントの企画・実行、マネジメントなどから総合的に評価されます。

作品募集では、専攻にかかわらずTUJの学生および卒業生から広く応募を受け付けました。制作者の国籍は、米国、日本、フィリピン、ナイジェリア、中国、ドイツ、メキシコとさまざまです。今回は教授陣からも3作品の応募があり、これらはプレイベントで上映される予定です。

学内のコンピューターラボにて映像編集作業中の学生

今年度は、映画祭当日に審査員としてクリス・フジワラ氏をお招きします。フジワラ氏は複数の批評家協会のメンバーであり、また長い歴史を持つエディンバラ国際映画祭で芸術監督を3年連続務めました。東京大学、イェール大学、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインで、映像美学、歴史の講義経験があります。また、今年の映画祭では、作品賞が3作品、観客賞が1作品、撮影賞が1作品に贈られます。撮影賞はTUJの卒業生が設立した企業Panic Ball Productionsから寄贈されています。

プレイベント
TUJ教員制作の短編上映会

TUJ教授陣ルイーズ・ラウス、イレーネ・エレーラ、ジョン・”J.R.”・リパティトがそれぞれ制作した3作品の特別上映会を開催します。

日時:
4月6日(金) 19:00-21:00(開場 18:30)
会場:
テンプル大学ジャパンキャンパス 麻布校舎1F学生ラウンジ(アクセス

入場無料(事前申込不要。一般公開。軽食付き)

TUJ Student Film Festival 2018

日時:
2018年4月13日(金)19:00-21:40 (開場18:30)
会場:
テンプル大学ジャパンキャンパス 麻布校舎1F学生ラウンジ(アクセス
  • 入場無料
  • 事前申込不要
  • 軽食付き

上映予定作品

すべて日本語または英語、第3言語の場合は日英の字幕付き。

プログラム A ジャンル 制作者(学生・卒業生)の国籍 上映時間
Pony ミュージックビデオ 米国 4分30秒
Lost in Sight ドラマ フィリピン 18分
Tagami Pottery ドキュメンタリー 米国 3分
Black in Tokyo ドキュメンタリー 米国/ナイジェリア 10分20秒
Tidal Waves ミュージックビデオ フィリピン 3分40秒
プログラム B ジャンル 制作者(学生・卒業生)の国籍 上映時間
Drowning エクスペリメンタル 日/米、フィリピン 6分
Tourist Troubles コメディ 中国 5分
Yoshitoshi Kanemaki ドキュメンタリー ドイツ 4分30秒
Diego サスペンス/コメディ フィリピン、メキシコ/日本 8分
An Occurrence ドラマ 米国 10分
Rock’n Rollers コメディ 米国 3分