テンプル大学ジャパンキャンパス 35周年記念シンポジウム 「海外大学日本校 成功への道」 TUJの昨日、今日、明日

テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都港区/学長:ブルース・ストロナク、以下TUJ)は、創立35 周年を記念して、10月21日にシンポジウムを開催します。

1982年に外国大学日本校第一号として開校して以来、TUJが日本における米国高等教育機関として確固たる地位を築いた背景にある、歴史、使命、学術的ビジョンを振り返り、現在の成功につながった組織的な強みと戦略、および今後の計画について論じます。

日本人を主な対象として35年前に開校したTUJですが、現在は米国本校の学位を取得する学部課程において欧米を中心に外国籍の学生が60%以上を占め、1200名の学生を擁するまでに成長しました。その他にも大学院や生涯教育等合計7つのプログラムを開講しています。

イベントには元学長のリチャード・ジョスリンとカーク・パタソン、及び現学長のブルース・ストロナクが登壇します。

会場は、2019年秋に本学の移転が決定している昭和女子大学三軒茶屋キャンパスです。

日時:
2017年10月21日(土)
14:00-16:00(開場13:30)
会場:
昭和女子大学 8号館6F オーロラホール(アクセス
お申し込み:
https://www.tuj.ac.jp/jp/tuj35/sympo/
申込締切:
10月6日(金)(一般受付)
メディア取材のお申し込みは10月20日(金)までにtujpr@tuj.temple.eduへご連絡ください。

注記:

  • 入場無料(対象:一般、大学教職員、本学学生/卒業生/保護者)
  • 言語は英語で行われます(通訳なし)。