筑波大 x 米テンプル大 x ドーム(アンダーアーマー) 大学スポーツに関する日米共同研究結果を発表

テンプル大学米国本校(米ペンシルベニア州フィラデルフィア/総長 リチャード・イングラート)、筑波大学(茨城県つくば市/学長 永田恭介)、米国アンダーアーマーの日本総代理店である株式会社ドーム(東京都江東区/代表取締役CEO 安田秀一)は去る3月29日、「大学スポーツの振興」に関する共同研究の最終報告会を、米国大使館の協力のもと、東京港区のアメリカンセンターで開催しました。この共同研究プロジェクトは昨年9月に始動し、本報告会は、12月にテンプル大学ジャパンキャンパス (東京都港区/学長 ブルース・ストロナク/TUJ)で開催された中間報告会に続くものです。当日は大学、報道関係者ら約100名が参加して闊達な意見交換の場となりました。

本報告会パネル・ディスカッションには、米国から本学本校の教授ダニエル・ファンク、同上級准教授ジェレミー・ジョーダン、ミネソタ大学の井上雄平助教(本学米国本校2011年博士課程修了)、そして株式会社ドームのケビン・アベ氏も加わりました。筑波大の松元剛准教授がモデレーターとして、本会の議論のポイントにつき、①大学スポーツのもたらすベネフィット、価値、②学内外の情報共有、③人材育成、という3点を挙げ、更なる研究推進の展望を提示しました。