グローバル化と個人 – 学長室だより

写真:ブルース・ストロナク学長(学長室にて)

グローバル化と個人

今春、テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)は学部生数1,000人という節目を迎えました。この在籍数の伸びは一時的なものに留まらないと私たちはみています。2014年秋学期以来、学部生数は歴史的な記録を更新し、とりわけ新入生と日本校に直接入学するフルタイムの学生数の伸びが顕著です。つまりこれは現在の学生数は少なくとも中期的には比較的安定して推移することを意味します。この成長を支える環境的要因とはなんでしょう?