テンプルジャパンで授業料のクレジットカード払いが可能に

2011年11月17日

テンプル大学ジャパンキャンパス(以下:テンプルジャパン、東京都港区/学長:ブルース・ストロナク)は、 ユーシーカード株式会社(以下:UCカード、東京都港区/代表取締役社長:樋口一成)と授業料のクレジットカード決済について契約を締結し、2012年春学期分より、学部・大学院の授業料その他費用のクレジットカード決済サービスを開始いたします。支払方法の選択肢を増やすことで、学生・保護者にとっての利便性を高めることを目的としています。

米国の大学では、授業料等のクレジットカード支払いは一般的ですが、テンプルジャパンでの支払方法は日本の多くの大学と同じく、銀行振込に限られていました。しかし、学部課程の6割を占める外国人学生については、母国の保護者が学費の支払い者である場合も多く、国際送金よりも便利なクレジットカード払いを望む声が寄せられていました。

また、3学期制および単位制を採用するテンプルジャパンでは、授業料はその学期の履修単位数によって異なるため、学期ごとに請求書が発行され、学生には支払い義務が生じます。毎回の振込み作業および手数料の軽減のためにも、クレジットカード利用という選択肢が要望されていました

そこでテンプルジャパンはUCカードと提携し、システム上の準備を進めてきたものです。本サービスの開始により、学部課程・大学院課程の授業料その他の費用を、UCカードをはじめとするVisa・MasterCardの国際ブランドが付いた全てのクレジットカードで支払うことが可能になり(*)、学生やその保護者にとっての利便性が格段に高まります。

UCカードは、今後も、さらなる利用分野の拡大、大学及び学生の利便性向上に努めてまいります。

注記: 当初は、大学からの授業料請求書に対する支払いについてのみクレジットカード利用が可能です。