テンプル大学ジャパンキャンパスがウェブサイトを一新、授業をビデオクリップで紹介

2008年10月2日

テンプル大学ジャパンキャンパス(以下テンプルジャパン)は、10月1日ウェブサイトのメインセクションを全面リニューアルし(www.tuj.ac.jp)、新たなコンテンツとして学部課程の授業内容を動画で紹介するセクションも開設しました。以下、新ウェブサイトの見どころをまとめます。

より早く、より正確に情報を提供

テンプルジャパンは、11の学科からなる学部課程、3つの大学院課程(MBA、ロースクール、教育学英語教授法)のほか、留学準備のための海外大学進学課程、さらに生涯教育や企業の社員研修まで、多岐にわたるプログラムを提供しています。例えば同じ「ビジネス」を学びたい人でも、BBA(経営学士)や MBA(経営学修士)という学位を目指すのか、短期間で一定の分野だけ学びたいのか、などによって選ぶべきプログラムは異なります。多くの人が最初の情報収集を行うウェブサイトにおいては、ユーザーが自分のニーズにあったプログラムをより早く、しかも正確に探せるナビゲーションが求められていました。

今回の改訂では、目的別メニューはもちろん、大学の全体像がわかるチャートや各プログラムの特徴・ハイライトが一目でわかるページを設置したほか、サイト上でユーザーが求める次のアクション(資料請求や説明会申し込みなど)を起こしやすい構成としました。また、在学生や教職員にとっても、よく使うページへのショートカットを設けるなどユーザビリティを向上させました。

実際の授業をビデオクリップで 「YouTube」による授業紹介

大学においては教授とその授業内容こそが「商品」といえますが、「少人数制で対話型、すべて英語で行われるアメリカスタイルの大学の授業」といっても、写真や文章だけでその雰囲気を伝えるのは難しいものがあります。そこでテンプルジャパンの「商品特性」を体感していただくための一助として、授業の様子を紹介する動画コーナーを設けました(YouTubeに掲載した動画へリンク)。担当教授によるコメントと実際の授業風景を1~5分程度のクリップにまとめたものです。当初掲載は学部課程の8コースですが、今後順次増やしていく予定です。

学長の生の声を伝える「学長室だより」

ブルース・ストロナク学長のメッセージを定期的に掲載するコーナー。単なる「ごあいさつ」でなく、具体的な取り組みの進捗やプライベートな話題も含めて、学長自身とテンプルジャパンの近況を自らの言葉で語っています。