テンプル大学ジャパンキャンパス 「2004年夏休み高校生のための英語プログラム」を主催

平成16年5月18日

テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ:東京都港区 学長カーク・パタソン)は、今年8月、恒例となっている「2004年夏休み 高校生のための英語プログラム」を主催します。このプログラムは高校生を対象に、毎年夏休みを利用して行なわれているもので、異文化理解を深めると同時に、実践的な英語力を楽しみながら身につけることを目的としています。国際教育の重要性が指摘されながらも、世界情勢、経済状況等のマイナス要因が海外への留学を難しくしている現状を鑑み、身近でコストを抑え、なおかつ中身の濃いプログラムを実現したもので、昨年に引き続き、全国英語教育研究団体連合会の後援をいただいています。

同プログラムは、東京にありながら世界30カ国から学生が集まるTUJの国際的なキャンパス(南麻布)で海外研修と同じ「英語漬け」のプログラムを実現します。図書館やコンピュータルーム、また学内のブック・ストアでの文具の購入もすべて英語という海外と変わらない環境です。世界各国から来ている年齢や国籍も様々なTUJの在学生とのディスカッションや、昼食を共にする時間も設定され、彼らとの交流を通じて異文化理解を深め、国際的視野を広げることができます。またこのプログラムの指導は、テンプル大学ジャパンキャンパスの大学附属英語研修課程の教員が担当し、全員が英語教育の関連分野の修士号・博士号取得者または取得予定者です。国内外における豊富な教務経験を生かし、楽しく学ぶことに重点をおきつつ、短期間で流暢に英語を話す能力を指導します。

同英語研修課程は、英語で行われる大学の授業を受けるために必要な英語力と共に、アカデミック・スキルを身につける場でもあります。今月から始まる夏学期からは、授業時間も週24時間に増幅され、内容もこれまで以上に充実したものになっています。英語研修課程および本校の英語教育プログラムの総括責任者であるパトリック・ローゼンキャーは、高校生のための英語プログラムの英語指導も総括する立場にあり、「当プログラムは本校の英語研修課程の短期体験コースとも言えるもので、実際にアメリカの大学で学ぶためには、どんな準備が必要かを理解するいい機会だと思います。普段英語を学んでいる高校の教室を離れ、違った環境で英語を学習することで、また新たな英語の楽しさを見つけてほしいと思います。」と期待を述べています。

開催概要

日時:2004年8月9日(月)~13日(金)
対象:高校2年生および3年生
定員:90名(1クラスは15名程度)
費用:教材費も含め31,500円(消費税込)
申込方法:参加申込書(フリーダイヤル0120-86-1026までご請求ください。)他必要書類を提出
申込締切:2004年6月30日(水)