健康を考える:痛みのメカニズムとセルフケアのコツ(1日ワークショップ) (HTP101-SU)

曜日/時間:
日曜日 10:00-16:30
時間数:
6
場所:
東京 (交通アクセス
言語:
この講座は英語で行われます
受講料:
18,000円

このコースは、今学期開講されておりません。次の開講学期の「お知らせメール」にご登録ください。

お知らせメールに登録する

コース詳細

腰痛、膝痛、肩痛をはじめとする疼痛は、日常生活活動や生活の質に深刻な影響を与えます。特に慢性疼痛は、長期に渡り社会生活に悪影響を及ぼし、転倒の原因となるロコモーティブシンドロームを生み、心理的負担となりうつ病の原因にもなります。残念ながら痛みは客観的に測定することが困難なので、他人に痛みを理解してもらうのが難しいです。しかし、自分の痛みを知り、自分で痛みをケアする方法を知っていれば、さほど痛みを恐れる必要はありません。
関節や筋肉の動きや神経から起こる痛みはメカニカルストレスが原因であることが多く、毎日の動きや姿勢が痛みの原因となっています。整形外科を受診しても「この痛みは老化現象です」または「痛みと上手に付き合ってください」と言われ、鎮痛剤または湿布だけ処方されてがっかりしたこともあるでしょう。しかし、ほとんどの人は自分に合ったケアの方法さえ教えてもらえればセルフケアが出来るようになるでしょう。セルフケアは自信につながり、医療への依存を減らし、医療資源の節約にも貢献します。
マッケンジー法として一般的に知られているMechanical Diagnosis and Therapy®(MDT)は、腰背部痛、首、肩痛および股関節、膝など四肢の関節の痛みにおいて、世界中の臨床医および患者が信頼して利用しているリハビリテーションアプローチです。セルフケア技術を得ることで通院や治療にかかる出費を減らせるので費用対効果に優れ、かつ通院せずともケアが出来るので時間効率の良い疼痛ケアの方法として、第三者として保険会社からもMDTへの需要が増えています。
このワークショップでは、疼痛のメカニズムと痛みを引き起こす代表的な病気の病態を学び、MDT法を用いて自分自身またはクラスメイトの姿勢評価と、痛みを引き起こす動作を評価します。さらに各自の痛みの原因を調べたり、これから生じる可能性のある痛みを予測し、個人に適したセルフケア方法を見つけ、リハビリプログラム作成し練習します。是非、自分自身と家族の痛みのケアに役立ててください。

同じカテゴリのコースを探す

早期お申し込み割引後の受講料について

2019年3月18日から4月18日の間にお申し込みいただき、4月18日までに全額の支払いを完了された場合、受講料は「割引後(早割)」の欄に記載されたものになります。

Friend of TUJ(FTUJ)特別割引の受講料について

Friend of TUJ特別割引プログラムのご登録企業・団体の社員の方の受講料は「割引後」の欄に記載されたものになります。Friend of TUJの詳細はこちらをご覧ください。