小林 伸行 (Nobuyuki Kobayashi) — 2004 Bachelor of Arts

フォトグラファー

2001年友人宅にて。

当時のキャンパスはどこ?

麻布キャンパス

学生時代いちばん思い出に残っていることは?

国籍、性別に関係なく学生時代から社会人になっても非常に仲良く、現在、仕事でもつながっていること。全員国籍の違うメンバーでバンドができたこと。音楽に国境はありませんでした。

TUJで学んだことは、あなたのキャリアや人生一般にどのように役立っている?

米国系のPR会社に就職し、海外企業だけでなく国内外資系企業や大使館とのコミュニケーションに、テンプルで身につけた「英語」がとても役に立ちました。独立後も、英語力が必要な現場に呼ばれる事があり、TUJでの経験が非常に役にっています。「英語力」だけにとどまらず、海外の人々とのコミュニケーションが円滑にとれることもテンプルで得られたスキルだと思っています。

あなたの在籍時代と比べて今のTUJは変わった?あるいは変わっていない?

2004年卒業後、毎年TUJの卒業式やパンフレット用の写真を撮らせていただいておりますが、ここ数年は生徒数も増え、さらなる多国籍化を感じてい ます。在学中から感じていた「アットホーム感」も失われておらず、非常に居心地のいい環境であることは変わっていないな、と思います。

TUJの将来についてどう占う?

「メインキャンパスを麻布に!」というのは冗談ですが、世界からさらに注目される「日本にあるアメリカの大学」になって欲しいです。微力ながら、写真という分野でお役に立て続けられるように僕も日々精進していきたいと思っています。

(2012年5月掲載)

TUJ 30th Anniversary Facebook Page
Re-connect with your classmates, share your stories about TUJ, and let's celebrate our 30th anniversary together!

Follow us on Twitter @TUJWeb. We will be tweeting anniversary related information with the hashtag, #TUJ30. Please tweet your message to the TUJ community with the hashtag!