他大学における履修単位の認定

テンプル大学の学位を取得するには、卒業からさかのぼり最終60単位中最低45単位をテンプル大学で正規入学者として取得する必要があります。他大学からの合計編入単位数の上限は90単位です。編入単位として認められるには、認定を受けた教育機関で履修した単位で各科目C-以上の成績が必要になります。テンプル大学では、可能な限り出願時からさかのぼって10年以内に取得した単位の移行を認めています。移行可能な単位数はほとんどの場合、合否結果とともに通知されます。学位取得を目的としない入学の場合は単位移行の確認はいたしません。

編入単位として認めていないコースの例

移行可能単位の必修科目単位への割り当てについて

合格後に通知される移行可能な単位は、他大学で履修した科目の授業内容やコース内容、またTUJでの専攻を総合的に考慮して、TUJの学士号の取得に必要な科目 (選択科目、専攻科目、ジェネラル・エデュケーション科目) に割り当てられます。

それぞれの科目に移行される最終的な単位数は、入学後、各学科の指導教官(Major Adviser)との面談や教務部(Academic Advising Center)でのカウンセリングを通して決定されます。面談・カウンセリングの際には他大学で履修した課目のシラバスの提出が必要となることもあります。

学士号の取得に必要な単位数

合計123-124単位以上(約40科目)

ジェネラル・エデュケーション科目
(26-36単位)

+

専攻科目 (約40-50単位)

+

選択科目 (約30-40単位)