テンプル大学ジャパンキャンパスへの入学について

アメリカの大学ならではの教育システム

テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)は、米国フィラデルフィアにあるペンシルベニア州立総合大学、テンプル大学の海外キャンパスです。本学は、アメリカ本校と同じく米国中部高等教育認定委員会により認定されたアメリカの大学であり、アメリカの大学制度に基づいて運営されています。

入学時期

本学では、1年3学期制を採用しています。秋学期、春学期、夏学期のうち希望の学期に出願し入学することができます。

秋学期 8月下旬/9月入学
春学期 1月入学
夏学期 5月入学

ローリング・アドミッション

アメリカの大学では、入学試験を行わず、書類選考により合否が判定されます。本学ではローリング・アドミッション方式を採用し、通年で願書を受け付け、随時書類審査をしています。秋学期、春学期、夏学期のうち、希望の入学時期を選び、出願が可能です。3学期先までの学期への入学願書を随時受け付けています。合否結果は出願書類を受け付けてから通常2~4週間でお知らせします。

3学期制

本学は、秋学期、春学期、夏学期の3つの学期から希望の入学時期を選ぶことができます。また、卒業に必要な単位を修了した時点で卒業できるので、各学期にどれだけ単位を取得するかで卒業時期も変わってきます。つまり日本の大学と違い、個人のペースに合わせて各学期の取得単位と卒業時期を決めることができます。時間をかけて着実に勉強することもできれば、各学期に多くの単位を取得し、平均3~4年かかるところを短期間で卒業することも可能です。

単位制

アメリカの大学では、定められた履修単位を取得すれば在学年数に関係なく卒業することができます。通常1科目あたり3単位の取得が可能です。個人差もありますが、1学期に4~6科目を履修し12~18単位の取得が標準です(夏学期は3~4科目を履修し9~12単位の取得が標準)。

学位の選択

本学では、最少で62単位を修了すると準学士号を、123単位を修了すると学士号を、それぞれ取得することができます(一部学科を除く※)。準学士号の取得を目指して入学し、途中で学士号に変更したり、またその逆の変更も可能です。

コミュニケーション学科は124単位で学士号取得。