TUJを選ぶ6つの理由

1

日本で入学、卒業できる唯一の「アメリカの総合大学」。留学も自由自在

TUJは、アメリカ有数の規模と歴史を誇る、ペンシルベニア州立テンプル大学の日本校です。日本でアメリカの大学の準学士号、学士号、修士号、博士号を取得できる唯一の大学です。授業の内容および取得する単位・学位も本校と同等です。アメリカの大学制度に基づき、本校および他大学への編入も自由自在です。

アメリカの教育システム

文部科学省から初めて指定を受けた「外国大学の日本校」

TUJは1982年の設立以来、アメリカの大学が誇る高い水準の教育を日本で提供しており、卒業生たちは国際社会の様々な分野で活躍しています。その実績が認められ、2005年2月、文部科学省より「外国大学の日本校」として、初めて指定されました。これによって、日本の大学院への進学や、日本の大学への編入などがさらに容易になりました。つまり、TUJの学生は、アメリカの大学のメリットだけでなく、日本の大学のメリットも得ることができるのです。

2

少人数制の「参加型」教育で、創造的・分析的思考力とコミュニケーション力を育てる

大学卒業後、いかなる状況においても必要とされる思考力とコミュニケーション力を、アメリカの大学ならではの教育システムによって養います。これらの力をしかも英語で習得したTUJの学生は、国際企業から常に高い評価を得ています。

参加型の授業とは?

3

学生の過半数が約60カ国・地域から集まる国際的なキャンパス

授業では外国人学生と肩を並べて意見を戦わせ、クラブやイベントで国際交流を深める、まさにグローバルなキャンパスです。学生だけでなく教員やスタッフも国際色豊かですから、英語力を高めるだけでなく、日本にいながら様々な国の人々の考え方を知り、視野を広げることができます。

国際的なキャンパス

4

100%英語で授業。英語で学び、英語で考え、英語で表現する国際人を創出する

授業はもちろん、掲示物や大学からのお知らせも、すべて英語です。アメリカ本校から承認された経験豊かな教員陣の指導により、本物の国際力を養える学習環境です。

教授紹介

5

充実したサポートサービスと就職支援体制

留学すると困難な日本での就職活動についても、アメリカの大学ながら日本で学ぶことによって、企業の採用スケジュールに合った指導を受けることができます。就職部では業界・職種研究から面接のビジネスマナーなど就職活動に役立つセミナーやワークショップを開催するだけでなく、個別カウンセリングを通じ学生一人ひとりに合ったきめ細かい支援を提供します。日本の大学生にはない強みを多く持ったTUJの学生には、有名企業も注目しています。

就職サポート

6

米国大学への進学を割安な費用で提供

TUJなら、日本国内で通学できるので米国大学へ直接留学するよりも費用を抑えることができます。卒業資格、授業の内容、単位は留学した場合と同様です。

TUJなら安心・安全・効率的

1. ビザが必要ない

海外の教育機関に日本人が留学する場合、学生ビザを取得し、成績にかかわらず規定数のコースを履修し続けなければなりません。TUJは米国の大学ですが国内にあるのでビザの必要はなく、自分のペースで学期ごとの履修コース数を決められるため、大学への正規留学で一般に懸念される成績不振による退学のリスクが低くなります。

2. 勉強に集中できる

TUJは国内にあるため留学に伴うストレスを抑えられます。留学では環境が大きく変わることから受けるストレスは小さくありません。ホームシックにかかったり、勉強に集中できずにせっかくの留学を無駄にするケースもあります。TUJなら、家族や友人からのサポートも受けやすい環境にあり、学習に集中できます。
 

3. 日本人に慣れ親しんだ教員が多い

TUJには日本人に教えた豊富な経験を持ち、日本人の特性を理解している教員も多いため、効率良く実力を上げることができます。

教員の出身国例

アメリカ、イギリス、オーストリア、オランダ、中国、チリ、ドイツ、フィリピン、ベネズエラ、レバノン

4. 留学したい時はいつでも米国本校へ

同じ大学内の移動なので、難しい手続きなしに米国本校へ留学できます。また、TUJでグローバルな環境に慣れてからの留学は、失敗しない留学方法のひとつといえます。