TUJとは

アメリカと日本のメリットを合わせ持つ大学

テンプル大学ジャパンキャンパス (TUJ) は1982年、日本初の海外大学のキャンパスとして東京に開校。アメリカの大学教育と、世界をより身近に感じるユニークな選択肢を日本の社会に提供することを使命としています。在日外国大学の中では最も長い歴史と最大規模の学生数、およびプログラム数を誇り、様々な人や社会のニーズに対応した教育を提供しています。

最新TUJイメージビデオ公開!

TUJを選ぶ6つの理由

  1. 日本で入学、卒業できる唯一の「アメリカの総合大学」
  2. 少人数制の「参加型」教育
  3. 学生の過半数が外国籍
  4. 100%英語で授業
  5. 充実したサポートサービスと就職支援
  6. 米国大学への進学を割安な費用で提供

詳しく見る

TUJで学ぶ3つの能力

TUJでは、参加型の授業やどの科目にも共通した方針を通じて「自分で考える」ことを学び、その考えを他にわかりやすく伝える力を身につけます。その能力を構成するのが、TUJで学ぶ3つの能力:「創造的思考力」「分析的思考力」「コミュニケーション力」なのです。

詳しく見る

Creative Thinking

創造的思考力

Critical Thinking

分析的思考力

Communication Skills

コミュニケーション力

ユニークな教育システム

TUJは、米国中部高等教育認定委員会により公式にアメリカの大学として認定されており、アメリカの大学制度に基づいて運営されています。その特徴として、日本の大学にはない柔軟な選択肢が多く設けられており、学生一人ひとりが自分に合った学習方法を見つけられます。

詳しく見る

留学・編入学

アメリカ本校・ローマ校への留学

TUJからアメリカ本校への留学は、同じ大学内でのキャンパスの移動になるため、難しい手続きは必要ありません。本校で勉強して帰ってくる、そのまま本校で卒業する、また何度も行き来を繰り返すなど、選択肢は様々です。また、ローマ校に行って学ぶのも選択肢の一つです。

詳しく見る

アメリカ本校留学プログラム

アメリカ本校には130を超える専攻があり、希望する分野の専攻が必ず見つかると言っても過言ではないでしょう。4年間の履修スケジュールがあらかじめ確定している「2+2留学プログラム」も提供しています。

詳しく見る

編入学も自由自在

日本国内・海外を問わず、大学・短期大学からの学生の編入を積極的に受け入れています。「短大を卒業して社会に出たあと4年制大学の学位がほしい」「専門分野を強化して自分に付加価値をつけたい」「現在通う大学・短大から転学したい」など、さまざまな編入学生を受け入れています。

詳しく見る

海外ネットワーク

テンプル大学は東京の他に、ローマにもキャンパスを持っています。学生は3つのキャンパス間を自由に移動して単位を取得できます。その他にも海外留学プログラムや提携校を通じて南米、ヨーロッパなどでもテンプル大学の単位を取ることが可能です。

詳しく見る

国際的なキャンパス

2016年秋学期現在

アメリカをはじめ、アジアやヨーロッパ、中東、アフリカなど、世界約60カ国から集まる学生がともに学んでいます。日本にいながら異文化理解を深め、国際感覚を養うことができる、ユニークで国際的なキャンパスです。

詳しく見る

就職サポート

就職活動はもちろん、年間を通じて学生の就職準備のためのサポートシステムを整えています。年次に応じて将来のキャリアについて考え、最終的に満足のいく就職ができるよう、一貫したキャリア教育プログラムを運営しています。すべての学生が将来のキャリア計画に万全に対応できるよう、あらゆる面からサポートします。

詳しく見る

学生インタビュー