上級准教授

ウィリアム・クラーク (William Clark, Ph.D.)

アメリカ研究学

アメリカ研究学科 指導教官・コーディネーター

E-mail:
wclark01@tuj.temple.edu

専門分野

クラーク教授の主な研究課題は、アメリカ人の評価体系、アメリカ映画の歴史と美学、芸術(特に現代文学とアメリカ社会の絵画)、およびアジア系アメリカ人の歴史と文学です。

主な科目

クラーク教授は1992年からTUJでアメリカ文化研究やアメリカ文学の教鞭をとっています。教鞭をとる科目には、アメリカ合衆国文化の歴史、アメリカ映画、男女問題などがあります。その他にもアジア系アメリカ人(特に日系・中国系アメリカ人)の体験や執筆についての科目も教えています。

研究分野

クラーク教授は、19世紀後半のアメリカ人作家(特に自然主義者と初期の写実主義者)が、アメリカ社会の激変をどのように物語やスタイルに反映させ、表現していたかを研究しています。教授は、19世紀後半とその後の時代における芸術と芸術の間や執筆物と絵画(後に映画)の間にある関係に興味を持っています。 最近では、さまざまなアジア系アメリカ人作家(フィリピン系アメリカ人のカルロス・ブロサンやソネ・モニカやモリ・トシオなどの日系アメリカ人二世の作家)の文化の産物としての作品に焦点を置いて探究しています。

主な著書

学歴

所属学協会、委員歴等