スタッフについて

ロン・ファスト

修士

トロント大学でカウンセリング心理学の修士を獲得。オーストラリアとカナダのライセンスを取得している。20年間、アジアを中心に国際的にカウンセラーとして実践を重ねてきた。専門分野はうつ病、不安障害、摂取障害、悲しみ、セクシュアリティー、ジェンダーアイデンティティー、自己認識、メディテーション等。カウンセリングを通して、生徒が自分の感情を表現し、行動や考え方をよく理解し前進できるよう、安全で非批判的な空間を与えることを第一の目標と考える。

渡部裕子

博士

UCLAで心理学を勉強し首席で卒業後、カリフォルニア州立大学フラトン校で臨床心理の修士を獲得。その後オハイオ大学で博士号を取得する。2006年より心理カウンセラーとしてアメリカで実践を重ねてきた。カリフォルニアでは臨床心理学者の資格を取得している。英語と日本語で心理療法を提供している。

カウンセリングに加え、臨床心理の研究も精力的に行い、書籍や研究記事の出版や学会での発表も行っている。研究内容は主に精神障害の評価と治療を行う上での文化的影響、ストレスとコーピング方法、エビデンスに基づいた治療、注意欠損多動性障害の評価や治療についてである。

新しい環境で生活する難しさをふまえ、新しい文化への健全な適応は個人的な学術的、社会的、心理的成長につながると考えている。

今井アキ

博士

オハイオ州マイアミ大学にて臨床心理学の博士号取得。学生相談員としての経験が4年以上ある傍ら、コミュニティーセンターでの実績も備える。専門は人間関係内の暴力によるトラウマ、迫害の影響、そしてジェンダー・セクシュアルマイノリティー等々。様々なアイデンティティーが交じれるこの世で人間関係、人生模索が難しくなるのは当然という考えの基、自他を安全に追求する環境を造ることに貢献したいと願う。

ブルックス梶原里恵子

教育学修士

ロヨラ大学シカゴ校にて教育学修士号(コミュニティーカウンセリング専攻)を取得後、Licensed Professional Counselor(アメリカ・イリノイ州)の資格を取得。アメリカにあるNational Board for Certified Counselors認定National Certified Counselorでもある。2016年よりTUJカウンセリングオフィスのパートタイムカウンセラーとして勤務する以前は、約7年以上もの間、バイリンガル・カウンセラー/コンサルタントとして豊富な経験を積み、アメリカと日本において様々なバックグラウンドを持つ人々の支援に従事する。専門分野は、メンタルヘルス・カウンセリング、対人コミュニケーション、カルチュラル・アダプテーション、自己理解トレーニング、キャリア・カウンセリング、ジョブサーチ・スキルなど。

スティーブ・リー

修士

カリフォルニア大学、コロンビア大学大学院で心理学を勉強し、現在は早稲田大学人間科学研究科の博士後期課程で研究活動を行っている。アメリカと韓国で育ち、2014年12月から日本で暮らしている。

研究および活動領域は偏見、発達および学習障がい、青少年および若い成人心理、そして広報活動である。現在は日本で勉強している他国出身学生の精神健康である。

慣れていない環境に適応しながら学習および人間関係に集中することの難しそうを経験により深く理解しているが、だからこそ「相談できる人」の存在が持つ影響力を認知している。

テンプル大学ジャパンキャンパス
カウンセリング・オフィス

オフィス:
三田校舎 3F (地図
Tel:
03-5441-9889 (03-5441-9800, ext. 889)
E-mail:
tujcounseling@tuj.temple.edu
受付時間:
月~金 10:00 - 17:00 (要予約)