テンプル大学ジャパンキャンパスが 国連UNHCR難民映画祭-学校パートナーズに初参加 10月6日に上映イベント開催

テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都港区/学長:ブルース・ストロナク、以下TUJ)は、第12回国連UNHCR難民映画祭2017に学校パートナーズとして初参加することが決定しました。

国連UNHCR難民映画祭は映画を通じて難民への理解を深めるもので、学校パートナーズは大学などが独自に手を揚げ、UNHCRが選出する難民を題材とした映画を学内で上映します。映画祭の趣旨にTUJが賛同し、日本校35周年記念の一環として10月6日(金)に上映会を開催します(上映作品「ナイス・ピープル」、詳細は下記参照)。TUJで学ぶ約60か国出身の学生、教職員はじめ、広く地域の方々にも参加いただける一般公開イベントです。

当日は、UNHCR駐日代表ダーク・ヘベカー氏が開催のご挨拶に駆けつける予定です。

UNHCR School Partner Logo
UNHCR School Partner Logo

国連UNHCR難民映画祭 – 学校パートナーズ 上映イベント

日時:
2017年10月6日(金)15:00-17:00(開場14:30)
会場:
テンプル大学ジャパンキャンパス麻布校舎1階学生ラウンジ「The Parliament」(アクセス
入場:
入場無料(本学学生、教職員、一般来場者)、申込不要
主催:
テンプル大学ジャパンキャンパス
後援:
国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所、特定非営利活動法人 国連 UNHCR 協会

注記: 上映作品は日本語・英語字幕つき。なお、イベント進行は英語(日本語通訳なし)で行います。

上映作品情報:『ナイス・ピープル』

※アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭観客賞ノミネート

内戦を逃れ、スウェーデンの田舎町ボーレンゲで暮らすソマリア難民の若者たち。住民との交流が希薄な中、ある地元の事業家が「バンディ」という伝統的な氷上スポーツのソマリア人チームの結成を思い付く。8ヶ月後に迫る世界選手権を目指して特訓が始まる中、若者たちはやがて祖国での過酷な体験や異国での孤独感について胸の内を明かす。果たして彼らはバンディを通じてスウェーデンに居場所を見つけることができるのか。

地域:
ヨーロッパ(スウェーデン)、アフリカ(ソマリア)
監督:
 カリン・アヴ・クリントベルグ、アンデシュ・ヘルゲソン
製作国:
スウェーデン
製作年:
2015年
上映時間:
 96分
協力:
 駐日スウェーデン大使館、スウェーデン映画祭
カテゴリー:
ドキュメンタリー
言語(音声):
スウェーデン語、ソマリ語、英語
言語(字幕):
日本語、英語