学生紹介:草野範昭

2016年卒業

St. Jude Medical (Abbott) 勤務/ 医療機器業界

MBAを取ろうと思ったきっかけは何ですか?

転職した会社では、前職とは経営組織のマトリクス体制が大きく違い、職務を効果的に遂行する上で困難を感じる事がありました。異なる環境でも自分とチームが効果的な仕事をする為のヒントを得たいと思い、経営学を体系的に学んでみようと思いMBAを取得しようと思いました。

テンプル大学のエグゼクティブ MBA プログラムを選んだ理由は何ですか?

グローバルビジネスの理解に力点を置いたプログラムであることのほかに、英語を使ったプログラムで学ぶ事は、US本社の上司の考え方を理解した上で物事を組み立てる際に、より直接的な助けになるだろうと思いました。また、平日授業では突発的な仕事で出席できない可能性もある為、週末型のプログラムであることも大きな理由となりました。

一番好きなコースとその理由を教えてください

Managing the Enterprise from a Global Perspectiveです。MBAを学びたいと思った理由であるグローバル企業の組織体制の違いを、ケースを使い個別企業の成長サイクルにおいてどの仕組みが機能する可能性が高いのか、また個人のキャリア形成と企業のステージ・体制がマッチするかを意識する重要性等を学べ、非常に有用でした。

在学中の一番の思い出は何ですか?

全ての授業で習得したことを駆使して臨む卒業前の最終授業Enterprise Strategy Formulation and Implementation (Capstone Course)の経営シミュレーションにおいて、出足で最下位となった自分たちのチームが、信念の元に遂行した戦略によって逆転勝利で一番利益を稼ぎ出し、チームと喜びを分かち合って終われたのが良い思い出となりました。もちろん、授業の後にクラスメイトと近くのバー に行くのも楽しみの一つでした。

最後にMBAを目指す方にメッセージをお願いします

"Doubt kills more dreams than failure ever will" "仕事と勉強の両立ができるか?"等、働いている限り解消されない不安で足踏みし続けていた為に、時期を逃した気分になって諦めてしまう方が多いのではないかと思います。私も不安で先延ばしにしていたのが本音ですが、プログラムの内容に意義を見出したのであれば、一歩を踏み出してから、どうスケジュールをマネージするか、学んだ事をどう活用するかに頭を悩ませる方が生産的ですし、やったからこそ見える地平があると思いますので、是非積極的に飛び込みましょう。