学生紹介:ジャニュアー・グナワン

2012年卒業

教育業界勤務

MBAを取ろうと思ったきっかけは何ですか?

自分で会社を立ち上げ経営をしたいという思いがあり、それを学びたいと思ったのが大きな動機です。また大学の学士号だけでは自分の強みとしては不十分だと思い、将来のキャリアを見据え、MBAをとりたいと思いました。

テンプル大学のエグゼクティブ MBA プログラムを選んだ理由は何ですか?

プログラムのスタッフが、笑顔で親身に入学までの手続きをサポートしてくれたのが印象的でした。授業で使用される教材を手に取ったとき、「まさに自分が勉強したかった内容はこれだ!」と思いましたね。テンプル大学は名門大学ですし、カリキュラムも自分のニーズに合ったものでした。学費も手の届く金額だと思います。また仕事をしながら週末授業に参加できるというのも大きな決め手となりました。

一番好きなコースとその理由を教えてください

Contemporary Corporate Strategy です。企業戦略はずっと勉強してみたいと思っていた科目だったので、とても楽しかったです。また、Human Recourseの2つの科目、Managing and Developing Human Capital in the EnterpriseLeading and Managing Teams and Individualsも印象に残っています。授業を担当した教授の教え方が上手で、クラスを盛り上げてくれたので、楽しみながら学ぶことができました。

在学中の一番の思い出は何ですか?

クラスメートと過ごした時間が一番の思い出です。協力しながらグループプロジェクトに取り組んだり、休憩時間に一緒にランチを食べたり、授業が終わった後に飲みに行ったり。あとは、教授やクラスメイトの前でプレゼンをする機会も多かったので、それも良い思い出です。

最後にMBAを目指す方にメッセージをお願いします

MBAを取得したい、ビジネスについて勉強したいと思っているのであれば、勇気をもって挑戦することをおすすめします。自分の成長を後押ししてくれる環境がテンプル大学のエグゼクティブ MBAプログラムにはあります。MBAを通じて成長し、今ここにいる自分以上の自分に出会えるはずです。

正直なところ勉強は大変で何度もくじけそうになりました。寝不足が何日も続いたこともあります。でも、卒業式でガウンを着て、卒業証書を受け取ったときは、感動で胸がいっぱいになりました。努力してよかった、頑張った甲斐があったと、今では胸を張って言うことができます。