テンプルが選ばれる3つの理由

1. 日本を離れずにアメリカのLL.M.学位や修了証書が取得できる

LL.M.学位や修了証書を取得するためのすべての科目を日本で履修できます。そのため、留学費用と比較して大幅に学位取得のコストを下げることも可能です。3学期制(1月、5月、9月)で、どの学期からでも入学が可能です。授業は主に平日夜間に行われるため、仕事を続けながら学位が取得できます(まれに週末にも授業が行われます)。

LL.M.学位は、最短9ヶ月、最長4年で修了でき、修了証書プログラムは最短4ヶ月、最長3年で取得可能です。

2. インタラクティブな授業でクラスメイトや教授と共に学びあう環境がある

専任教授や法律専門家である非常勤教授は、実践に役に立つ、共同作業を促すチャレンジングな授業を目指しています。少人数クラスのため、頻繁にグループ演習を行うことができ、さまざまな国籍、バックグランド、年齢のクラスメイトや教授と密接にコミュニケーションを取りながら授業を進められます。クラスメイトや教授と議論を重ね、弁論・交渉し、共に課題を解決し、お互いの文章を評論することで多くを学び合います。こういった環境で訓練を重ねることで、英米法下の法律家として思考し戦略を立てることを学びます。

3. 国際的なリーガルコミュニティに参加できる

知的財産権、環境法、サイバー法、プロジェクト金融などの発展が示すとおり、もはや法に国境はなくなりつつあります。テンプル大学ロースクールの卒業生は、異なる法律制度や文化への適応に長けています。テンプル大学のリーガルコミュニティに参加することで、日本にとどまらず、世界中にネットワークが広がります。

その他のメリット:

米国司法試験の受験資格取得の可能性について

米国司法試験(Bar Exam)の受験資格取得の可能性についてはお問い合わせください。