村井賢郎、LL.M.

2014年2月現在

村井賢郎

法学修士(LL.M.)
Bar Exam合格

私は、電機メーカーの知的財産部で係争業務を担当しています。最近増加している米国訴訟に適切に対応するために、また、上司の勧めもあり、TUJのLL.M. in U.S. Lawプログラムに参加して米国法を学ぶことを決めました。法律のバックグラウンドが無く、また、英語がどちらかというと苦手な私でしたが、TUJの先生方ならびにスタッフの温かいサポートのおかげで、何とか授業についていくことが出来ました。また、授業そのものも、仕事に役立つ有用なものでした。多くの素晴らしい仲間に出会えたことは、何より大きな財産となりました。

TUJの仲間と一緒にカリフォルニア州の弁護士試験(CA Bar)を受験したことも良い思い出です。カリフォルニア州は、試験期間が3日間と長く、また、論文の比重が高いため、私にとってはハードルが高いものでしたが、TUJの仲間と一緒に勉強を継続した結果、最終的には合格することが出来ました。

TUJの存在を教えてくれた素晴らしい上司、仲間達、そして勉強を支えてくれた妻に心より感謝します。