LL.M. in U.S. Law: 正規入学の出願書類

すべての出願書類は定められた締切日必着で提出してください。英語以外の書類は必ず英訳されたものを添付してください。提出された書類は返却しません。ご不明な点はお問い合わせください。

1. 出願受付ウェブサイト

下記ウェブサイトより出願を完了してください。LL.M. in U.S. Lawは下記ウェブサイト内では"LLM for Foreign-Trained Lawyers - TUJ"と記載されているのでご注意ください。

2. TOEFLまたはIELTSのスコア

英語を母国語としない出願者はTOEFLまたはIELTSスコアの提出が必要です。ただし、英語を主言語とする高等教育機関で学位を取得している出願者は、TOEFLまたはIELTSスコア提出の免除審査を申請できます。

TOEFL:

TOEFLスコア票がETSからテンプル大学フィラデルフィア本校に直接送付されるよう手続きしてください。テンプル大学フィラデルフィア本校のコードは2906-03です。試験の詳細はTOEFLの公式サイト(www.ets.org/toefl)でご確認ください。

IELTS:

正式なIELTSスコア票がテンプル大学フィラデルフィアへ直接送付されるよう手続きしてください。テストの詳細はIELTSの公式サイト(www.ielts.org)でご確認ください。

  • より詳しくは出願資格のページをご覧ください。
  • 本学出願の際に「正式なテストスコア票」として提出可能な、学内TOEFL(ITP)を実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。

3. 成績証明書および学位取得証明書

成績証明書および法学位取得証明書は、発行元により封緘されたものをテンプル大学ロースクール(フィラデルフィア本校)へ直接送付されるよう手続きしてください(開封無効)。成績証明書に履修科目の成績以外に学位取得日が記載されている場合は、学位取得証明書を提出する必要はありません。

英語以外で書かれた証明書の場合、正式な英語の翻訳を添付する必要があります。出願者により開封され翻訳された証明書等は無効です。World Evaluation Service (WES)Law School Admission Council (LSAC)などの学位審査機関を通して成績証明書や学位取得証明書を提出することも可能です。

4. パーソナルステートメント

出願者の経歴、興味のある専門分野、スキルなど、審査する上で有益と思われる内容を明記したエッセイを、500〜1,000語の英文で出願受付ウェブサイトから提出してください。

5. 英文推薦状

推薦状は英文で最低2通提出してください(3通あればなお可)。大学の教授や法律・法務関連の勤務先から、出願者の学術的資質や専門知識・スキルを良く知る方に依頼してください。出願受付ウェブサイトから提出するか、用紙に印刷したものを提出してください。印刷して提出する場合、出願受付ウェブサイトで推薦状フォームをダウンロードしてお使いください。

6. 英文履歴書

履歴書には出願者の学歴および職歴について詳しく記してください。

7. 出願料50ドル(返金不可)

出願料は米国で換金できるパーソナルチェックまたは為替で 「Temple University」宛に下記住所まで送付してください。トラベラーズチェックによるお支払いも可能です。クレジットカードや銀行振込によるお支払いは受け付けていません。

出願料は下記住所まで送付してください。

Temple University Beasley School of Law
1719 North Broad Street, Room 710
Philadelphia, PA 19122 U.S.A.

Tel:
215-204-1448
Fax:
215-204-2282
E-mail:
intllaw@temple.edu