記事(オンライン・紙媒体)の書き方を学ぶ(8週間のコース) (MFW101)

曜日/時間:
土曜日 13:00-14:50
開始日:
2019/05/25
時間数:
20
講師:
Dan Sloan
受講条件:
初めてこのコースを受講する方は、自己紹介またはライティングに関するご自身の希望を400字以内の英文エッセイにまとめ、メール(メールアドレス:contedinfo@tuj.temple.edu)またはファックス(ファックス番号:03-5441-9811)でご提出ください。 このコースは、専門性の高い特集記事などのライティングスキルの向上を目的としています。大学のエッセイやビジネスライティングのスキル向上を目的としたものではありませんのでご注意ください。
場所:
東京 (交通アクセス
言語:
この講座は英語で行われます
受講料:
50,000円
早割受講料 ? :
42,500円
FTUJ受講料 ? :
45,000円

このコースに申し込む

コース詳細

様々なメディアで活躍する記事ライターに憧れを抱いたことはありませんか。このコースは、業界専門誌、企業ブログ、ニュースレター、総合雑誌や専門雑誌など、オンライン・紙媒体における記事の執筆に関心を寄せる方や、個人ブログの立ち上げを検討する方が対象です。リサーチや様々な編集素材をまとめ、説得力があり有益かつ読みやすい文章に書き上げるスキルを習得できます。ワークショック形式の授業では、戦略的に出版物やオーディンエンスを見出す手法を用いて、ライティング演習を行います。編集者への売り込み方など、関連する実用的なスキル習得も、このコースでは重要な部分を占めます。この約2ヶ月のコースを通じて、アイディアを共有し、様々な題材やスクープ記事の執筆演習を切磋琢磨する実験室のような学びの場を提供します。特に、自身が興味を持つテーマについて、ライティングの専門性を追求できるように指導します。盗作や著作権の報道倫理について、講師から専門的なアドバイスを受ける機会もあります。

講師について

Dan Sloan

「Eurobiz」で政治から暗号通貨に至るまで幅広いトピックについて執筆。コミュニケーションおよび、グローバルメディア業界で20年以上の経験を持つ。それ以前は、ロイター通信の上級特派員および局長を務め、そのレポートはCNN、BBC、CNBC、CCTVなどグローバルな大手ニュース放送局によって報道された。 「Playing to Wiin: Nintendo and the Video Game Industry's Greatest Comeback」の著者であり、コンサルタントとして活躍する他、講演の機会も多い。駒沢大学では、非常勤教授としてジャーナリズムを教えていた。 現在は日本外国特派員協会でディレクターを務めており、過去には同協会の会長を務めた。コロンビア大学ジャーナリズム大学院とバージニア大学の卒業生。

同じ講師が教えているその他のコース:

受講生の声

修了証書プログラム

このコースは、下記の修了証書プログラムに適用されます:

同じカテゴリのコースを探す

早期お申し込み割引後の受講料について

2019年3月18日から4月18日の間にお申し込みいただき、4月18日までに全額の支払いを完了された場合、受講料は「割引後(早割)」の欄に記載されたものになります。

Friend of TUJ(FTUJ)特別割引の受講料について

Friend of TUJ特別割引プログラムのご登録企業・団体の社員の方の受講料は「割引後」の欄に記載されたものになります。Friend of TUJの詳細はこちらをご覧ください。