コミュニケーションの専門家のためのライティング(8週間のコース) (WCP101)

曜日/時間:
月曜日 19:10-21:30
開始日:
1月22日
時間数:
20
講師:
Andrew Joyce
受講条件:
受講に際して、コースに興味をもった理由とコース修了後にどのように学んだことを生かしたいか300ワードのエッセイにまとめてメール(メールアドレス:contedinfo@tuj.temple.edu)またはファックス(ファックス番号:03-5441-9811)で学期開始前の指定日までに提出してください。
場所:
東京 (交通アクセス
受講料:
50,000円
早割受講料 ? :
42,500円
FTUJ受講料 ? :
45,000円

このコースに申し込む

コース詳細

社内外の多彩なコミュニケーションに関係する、基本的な文章技能を強化する入門コースです。広告コピー、プレスリリース、報告書などの課題を通じて、クリエイティブな文章技能の向上を図ります。コース修了後には、さまざまなコーポレート・コミュニケーションについて批判的に考え、実行する基本的な技能を身につけることができます。米国のビジネス・エグゼクティブを調査した結果、効果的な文章技能が社員の最重要資質のひとつに挙げられています。あらゆる分野において、洗練された文章を書きたいと考える方に適切なコースです。

注記:

このコースは、講師の諸事情により、開催曜日を火曜から月曜へ変更させていただくこととなりました。

Andrew Joyce

企業広報や政府向け広報活動(ガバメントリレーションズ)、ジャーナリズムの分野で12年以上のキャリアがあり、東京を中心に広報のプロフェッショナルとして活動している。現在はMetLifeのシニアマネージャーとして政府向け広報活動を担当。アジア10か国で同社が展開している市場の支援を目指して、外部出資者への広報や、アドボカシー業務、リーダシップ戦略などを行っている。現在の業務を担当する前は、MetLifeの日本法人にて、シニアマネージャーとして同社のCEOの社内外でのコミュニケーションをサポートしていた。MetLifeに入社前は、ロンドンと東京を拠点にジャーナリストとして活動。BloombergやDow Jone、The Wall Street Journalなどに、企業や金融、政治の分野で記事を執筆していた。2011年には、日本の震災と津波に関する記事がDow Jones Individual Achievement アワードを受賞。リーズ大学にて学士号(哲学)を、ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院にて修士号(国際学)を取得している。

修了証書プログラム

このコースは、下記の修了証書プログラムに適用されます:

同じカテゴリのコースを探す

早期お申し込み割引後の受講料について

2017年7月18日から8月21日の間にお申し込みいただき、8月21日までに全額の支払いを完了された場合、受講料は「割引後(早割)」の欄に記載されたものになります。

Friend of TUJ(FTUJ)特別割引の受講料について

Friend of TUJ特別割引プログラムのご登録企業・団体の社員の方の受講料は「割引後」の欄に記載されたものになります。Friend of TUJの詳細はこちらをご覧ください。