労働法(8週間のコース) (JLL101)

曜日/時間:
木曜日 19:10-21:30
開始日:
1月25日
時間数:
20
講師:
Jose Maria Tabares-Dominguez
場所:
東京 (交通アクセス
受講料:
58,500円
早割受講料 ? :
49,725円
FTUJ受講料 ? :
52,650円

このコースに申し込む

コース詳細

日本における労働法の基本原則に関するガイドラインを提示するコースです。労働法の普遍性と特性をより深く理解するためにケーススタディ、労働基準法、関連法規を考察します。授業では特に労働契約の作成と終結、労使関係の発展に関する法的規制に焦点があてられます。コース修了者は、日常業務で直面する労働法関連のあらゆる問題に実践的なアプローチをもって対処することができるでしょう。 受講生はリ-ディングの課題をこなすことが求められます。

講師について

Jose Maria Tabares-Dominguez

スペイン出身。セビリア大学で修士号(法学)、国際貿易と投資分野におけるMBAを取得している。スペインでは、応用経済学の教授を務めていた。早稲田大学で国際金融論の研究を進めるため来日。現在は、アジアのODAプロジェクトやスペイン語教育のコンサルタントして活躍中。日本各地を旅し、日本文化をこよなく愛する。趣味は、読書(歴史書)、映画鑑賞、トレッキング。

同じ講師が教えているその他のコース:

受講生の声

修了証書プログラム

このコースは、下記の修了証書プログラムに適用されます:

同じカテゴリのコースを探す

早期お申し込み割引後の受講料について

2017年7月18日から8月21日の間にお申し込みいただき、8月21日までに全額の支払いを完了された場合、受講料は「割引後(早割)」の欄に記載されたものになります。

Friend of TUJ(FTUJ)特別割引の受講料について

Friend of TUJ特別割引プログラムのご登録企業・団体の社員の方の受講料は「割引後」の欄に記載されたものになります。Friend of TUJの詳細はこちらをご覧ください。