異文化間でのブランディングとマーケティング (CBM101)

曜日/時間:
土曜日 15:30-17:20
開始日:
2018/09/22
時間数:
20
講師:
Yoneko Shiraishi
場所:
東京 (交通アクセス
言語:
この講座は英語で行われます
受講料:
58,500円
早割受講料 ? :
49,725円
FTUJ受講料 ? :
52,650円

このコースに申し込む

コース詳細

文化的な相違点と類似点に関する基本的な知識を学び、それらをグローバルなブランディングとマーケティング・コミュニケーションに応用する方法を体系的に考察するコースです。理論と応用例の両方を提示し、グローバルなブランド構築の戦略、文化の分類モデル、マーケティング・コミュニケーションのあらゆる側面における文化的影響について検証します。世界各地の広告およびブランド構築の実例を検討し、グローバル・マーケティングの改善を目指し、文化的な相違点を具体的に挙げて構造化に取り組みます。こうした作業を通じて、異文化のセグメントを明らかにし、さまざまな文化圏においてターゲットを絞り込む術を身につけ、より効果的な広告戦略を企画するためにブランドの持つ文化的価値を特定・評価する方法を議論します。また、異文化間コミュニケーションに焦点を置き、対人行動や多様な文化におけるマーケティング・コミュニケーションに及ぼす影響についても検討します。

講師について

Yoneko Shiraishi

ペルーで生まれ育った後に、アメリカやイギリス、スペインで観光学や国際関係、異文化研究などを学ぶ。その後、2006年に日本へ移住し、立命館アジア太平洋大学にて修士課程を修了(国際協力政策専攻、2008年。学生優秀者奨学金を取得)。現在は、海外でのビジネスの成功を目指す企業の役員を対象に、異文化コミュニケーションをより深く理解するためのコンサルタントや研修を提供している。また、以前は世界観光機関(UN World Tourism Organization)で、ブータンをアジアの新たな観光地として宣伝するプロジェクトにも携わっていた。その他、ITIMインターナショナルの認定文化トレーナーの資格を有しており、また英語、スペイン語、日本語が堪能。現在も異文化コミュニケーションとビジネスに関する研究を続けている。
これまでにNoticias Latinoamericanas誌に「3-11」(東日本大震災の社会的影響に関する記事)や、『外国人をうつにさせない工夫』(週刊東洋経済)、「Bob: 世界の旅行者」(ITIMインターナショナル)「英語を学ぶためのプラス思考」(Kindle)、「Stingy」(Kindle)などの著作や記事を発表している。

同じ講師が教えているその他のコース:

受講生の声

修了証書プログラム

このコースは、下記の修了証書プログラムに適用されます:

同じカテゴリのコースを探す

早期お申し込み割引後の受講料について

2018年7月17日から8月20日の間にお申し込みいただき、8月20日までに全額の支払いを完了された場合、受講料は「割引後(早割)」の欄に記載されたものになります。

Friend of TUJ(FTUJ)特別割引の受講料について

Friend of TUJ特別割引プログラムのご登録企業・団体の社員の方の受講料は「割引後」の欄に記載されたものになります。Friend of TUJの詳細はこちらをご覧ください。